英語ができるようになる勉強方法

スポンサーリンク

英語ができるようになる勉強方法

英語ができるようになるためには、正しい方法で勉強する必要があります。

本ブログに登場する英語の先生に指導してもらいながら英語の正しい勉強方法を学びましょう。

 

あおねこ
あおねこ

先生よろしくお願いします。

 

英語の先生
英語の先生

よろしくね。ビシビシいくわよー♪

 

英語ができるようになる勉強方法:スピーキング編(音読こそが最強の勉強法である)

 

英語の先生
英語の先生

あおねこ君は英語を勉強するときに音読はしていますか?

 

あおねこ
あおねこ

う〜ん、よく音読は大切と言われますよね。

でも面倒だと感じて実際はできていないです。。

 

英語の先生
英語の先生

そこが問題ですね。音読こそが最も効果の出やすい勉強法なんです。

 

あおねこ
あおねこ

わかってはいるんですがねぇ。。

 

英語の先生
英語の先生

音読はシンプルな勉強法ですけど、効果は絶大です。

英語ができないと悩んでいる方はまず、音読をしてみてください。

 

 

英語の先生
英語の先生

まずは、ご自身にあった音読教材を選びましょう。

音読の教材としてオススメの書籍を3つ紹介します。

 

 

 

あおねこ
あおねこ

先生、教材を選ぶポイントってありますか?

 

英語の先生
英語の先生

自分の実力よりも少し下のものを選びましょう。

音読をしてみて、8割くらいがわかるものがベストです。

苦労せずに読める教材を選びましょう。

 

 

英語の先生
英語の先生

英語が上達する方法は兎にも角にも音読です。

必ず毎日音読をしましょう。

早い人であれば、半年ほどで効果が出てきます。

 

あおねこ
あおねこ

毎日ですか。。

一日何時間くらい音読すればいいですか?

 

英語の先生
英語の先生

理想は毎日30分することですね。

ただ、15分でも構いませんよ。

毎日することが大切です。

必ず毎日音読をしましょう。

 

あおねこ
あおねこ

音読のときに、気をつけるポイントってあります?

 

英語の先生
英語の先生

音読は漠然とやっても効果はありません。

音読をしながら必ず意味を理解していきましょう。

 

 

英語の先生
英語の先生

一週間くらい継続して音読する習慣がついたところで、一度達成度の確認をしましょう。

具体的には、日本語を見てから英語を言えるかをチェックしましょう。全部できなくても大丈夫です。

 

 

 

英語の先生
英語の先生

英語ができる人とそうでない人の差は、とにかく継続して勉強したかどうかということです。

勉強しようか考える前にとにかく毎日継続して音読をしてみましょう。

 

あおねこ
あおねこ

先生、モチベーションを維持するためにも、目標設定をしたほうがいいと思いますが、如何ですか?

 

英語の先生
英語の先生

そのとおりだと思います。

音読をする際、目標として、「名演説やスピーチ、英語の長めの台詞、好きな物語の一説を暗唱できるようにする」などと言った目標を設定することが大切ですね。

 

あおねこ
あおねこ

なるほど。わかりました。

 

英語の先生
英語の先生

繰り返しになりますが、音読はとにかく続けること!

それに尽きます。

 

英語ができるようになる勉強方法:スピーキング編(迷ったらまず I think を使おう)

英語の先生
英語の先生

あおねこ君は普段英語を使う機会ある?

 

あおねこ
あおねこ

はい。仕事柄たまに使いますね。

 

英語の先生
英語の先生

じゃ結構、英語話せるでしょ?

 

あおねこ
あおねこ

それが、得意とは言えず。。

 

英語の先生
英語の先生

あら………

うーん、そうしたら、まず、fillerフレーズを使えるようになりましょう。つなぎの表現を英語では「filler (満たすもの)」と言います。英語には、このつなぎのfillerフレーズがたくさんあります。オススメはI thinkです。

もちろん、Well や Let me see を使ってもいいですけど、まずは話し出しの言葉をすぐに出す習慣をつけましょう。

I think や I don't think はthat 節につなぐことができるのが良い点です。

That節は「誰が・何が・どうした・どうである」といった話が続けられるから便利です。

 

あおねこ
あおねこ

なるほど。例えば、

 

What are you going to do when you are in New York?

 

と聞かれた際に、

 

I think I will buy some cat food.

 

だったり、

 

I think I will go to The Brooklyn Cat Cafe.

 

などと答えれるわけですね。

 

英語の先生
英語の先生

ちなみに外国人は、相手の意思を理由つきで早く知りたいことが多いですので、まずは、I think/ I don't think を使用した後に、Because (なぜならば〜)で根拠をきちんと伝えるようにしましょう。

 

あおねこ
あおねこ

I think you are right, because ....

などと言った使い方ができますね。

I think ~ because ・・・・

はかなり使えるテクニックだと思います。

 

英語ができるようになる勉強方法:リスニング編(リスニングの質を高めよう)

英語の先生
英語の先生

よく巷では、英語のシャワーを浴びた方がいいなどと言われてますが、英語を闇雲に聞くことはおすすめしません。

 

 

英語の先生
英語の先生

闇雲に英語を聞いてもリスニングの向上にはつながりません。

英語の音に慣れるという意味ではいいですけどね。

 

あおねこ
あおねこ

それでは、どうすればリスニングが向上するのでしょうか?

 

英語の先生
英語の先生

当たり前ですが、内容をしっかりと理解することが大切です。

教材を1つに絞って、何度も何度も繰り返し同じ内容を聴いて確実にマスターしていきましょう。その積み重ねが大切です。

リスニング力は同じものを何度も繰り返すことで身に付きます。

 

 

英語の先生
英語の先生

みなさんは既に何度も聴いたことがある内容かもしれませんが、しっかりと正しい方法で勉強をすれば効果は絶大です。

 

【正しい勉強の仕方】

  1. テキストの準備する
  2. テキストを見ないで音だけを聴く
  3. テキストを見ながらオーバーラッピングする
  4. テキストを見ないでシャドウイングする

 

 

英語の先生
英語の先生

テキストを選ぶときは、あまり長くないものがオススメです。

簡単すぎるかなぁと思うくらいで丁度いいです。

そのテキストを使って毎日練習しましょう。

NHKシリーズの教材は、本質的な英語を勉強でき、最短で一番力が付く一冊だと思います。

 

 

 

英語の先生
英語の先生

教材を準備したら、まずは音だけを聴く練習です。

最初は分からない単語は飛ばしてしまってOKですので、知っている単語を見つける努力をしていきましょう。

次に、テキストを見ながら音声を聴きます。

この段階で知らない単語にマークをしましょう。そして分からなかった単語を調べます。

三回目に音声を聴くときは、知らなかった単語の音を確認しましょう。

 

 

英語の先生
英語の先生

次はオーバーラッピングです。

テキストを見ながら音声と一緒に話す練習をしましょう。

 

 

英語の先生
英語の先生

仕上げにシャドウイングをしましょう。

テキストを見ずに、音声を聴きながら一緒に(正確には一瞬遅れて)話していきます。音声を追いかけるように話していく練習です。

一日10分でもいいので、毎日シャドウイングの練習をしましょう。

 

英語ができるようになる勉強方法:リスニング編(発音をしっかり理解しよう)

英語の先生
英語の先生

発音をきちんと学ぶことで、リスニングもスピーキングも効果が出てきます。英語発音の概要をしっかりと理解することで、リスニングは飛躍的に向上します。

 

 

英語の先生
英語の先生

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本』は、正確な発音を学べ、初心者にもわかりやすく作られているため、英語学習を始めたばかりの方にもお勧めです。

 

英語ができるようになる勉強方法:ライティング編(とにかく書くこと、写経のすすめ)

英語の先生
英語の先生

英語のテキストをそのままノートに写す(写経)練習をしましょう。

シンプルな勉強法ですが、学習効果は大きいです。

そして英語の力があまりない方でも効果がでる勉強法です。

 

 

【ステップ1】まずは、左側に覚えたい英文の訳をノートに書きましょう。そして、右側に英文を写していきます。
【ステップ2】この作業ができたら翌日(忘れないうちに)英文を隠して、日本語を見ながら英文をもう一度書いてみましょう。
【ステップ3】書けなかった英単語や覚えれなかったフレーズは何度か別の紙に書いて覚えましょう。
【ステップ2】と【ステップ3】を何度か繰り返して、完璧に覚えたら、次の覚えたい英文を決めて【ステップ1】からはじめましょう。

 

英語の先生
英語の先生

覚えられない場合は、最低5回は写経するトレーニングをした方がよいかと思います。この勉強法を続けていくうちに、英語脳になっていくことが実感できると思います。

 

英語ができるようになる勉強方法:リーディング編(多読と精読を組み合わせて勉強しよう)

英語の先生
英語の先生

リーディングの勉強法は大きく分けて2通りあります。

1つは「精読」、もう1つは「多読」です。

精読は、単語や文法事項を確認しながら一文一文丁寧に読んでいきます。一方で、多読は細かい点にはこだわらずに、とにかく沢山流し読みをします。リーディングを鍛えるには、この2つをバランスよく行うことが大切です。

 

あおねこ
あおねこ

英語初心者の場合も同様ですか?

 

英語の先生
英語の先生

英語初心者の方は、精読に重点を置き、ある程度のレベルまでいったら多読を取り入れるようにしましょう。なお、多読した後に要約する練習をすると、リーディング力が高まります。

 

あおねこ
あおねこ

多読の教材はどんなものがいいですか?

 

英語の先生
英語の先生

単語や文法が難しすぎないものがいいですね。

Oxford Bookworms Libraryシリーズは、英語学習者を意識して、レベル別にわかりやすい英語で書かれているのでお勧めです。

 

あおねこ
あおねこ

ポカホンタスは、ディズニーの映画の話とは少し違っていたけど、面白かったです。そして結末は切なく、悲しかったです(><)

 

 

おわりに:英語学習は地道な努力が大切です

英語の先生
英語の先生

語学の勉強は、地道に努力することが大切です。
忙しい日は、10分でもいいですので、毎日コツコツと勉強しましょう。

 

留学
Aonekoをフォローする
Aoneko Lab