IELTS試験実施科目の順序変更後に受験してみた感想と対策

IELTS試験の実施科目の順序が変更しました

2019年4月13日からIELTS試験実施科目の順序が変更しました。

これは、IELTS本部の方針により、アカデミック・モジュール、ジェネラル・トレーニング・モジュールにおいて、筆記試験の順番が下記のように変わっております。

旧)リスニング→リーディング→ライティング
新)ライティング→リーディング→リスニング

 

出典:筆者作成

図:IELTS試験科目の順序変更

科目変更後にIELTS試験を受けた感想と対策

筆者は、2019年4月13日(土)にIELTS試験を受けました。

これまで過去に3回ほどIELTS試験を受験していましたが、実施科目の順序変更に伴い、「あぁ、こうしたほうがよかったなぁ」と思ったことをこれから受験される方へのメッセージとして記していこうと思います。

 

試験中にトイレに行きたくなった場合は注意が必要

IELTSは科目と科目の間に休憩がありません。基本的に、Writing (60) → Reading (60分)→ Listening (40分) の間はトイレに行くことができません。

ただし、どうしてもトイレに行きたい場合は、手を挙げて試験官にトイレに行きたい旨を伝えることでトイレに行けます。

 

Listening中はトイレに行けません。そして、試験の終了10分前になると、トイレに行くことができなくなります。そのため、今回の科目変更に伴い、試験中にトイレに行きたくなった場合は、Reading終了の10分前までにその旨を試験管にお伝えする必要があります。

 

【筆者の体験からの感想】

Readingは、しっかりと勉強しないと制限時間内にすべてを読み解くことできず、「時間が足りなかった。。」と、いった受験者が多いです。なので、Reading中にトイレに行ってしまうとハイスコア取得を諦めることになってしまいます。他方で、試験開始直後のWriting中にトイレに行くという人はなかなかいないと思います(試験開始前にみなさんトイレに行かれますので)。

このような理由から、結論からして、今回の科目順序変更に伴い、試験中にトイレに行きづらくなったことが言えます。

 

トイレから試験会場に戻る際、セキュリティチェックがあります。受付にて、1) 指紋認証、2) 本人確認が行われます。本人確認は氏名(フルネーム)、生年月日を聞かれるので、トイレに行かれた方は、すぐに返答できるようにしておきましょう。

 

【トイレ対策】

・試験当日の朝食時は、利尿作用のあるコーヒーなどの「カフェイン」を多く飲まないようにしましょう。

・試験当日はあたたかい服装にして、身体を冷やさないようにしましょう。

・頻尿・尿漏れ対策のサプリメント(クレアギニン)を飲み、尿対策をしておくのもよいでしょう。

クレアギニンは、頻尿改善に効果的なペポカボチャが多く含まれるため、試験当日の尿対策に効果的です。

 

Speaking試験までの時間はひたすらスピーキングの練習

13:00頃にWriting, Reading, Listeningの試験が終わり、 同日夕方に同じ受験会場にてSpeakingの試験がありました。筆者は受験会場界隈のカフェにてスピーキング試験の対策をしていました。

具体的には、”The Official Cambridge Guide to IELTS Student’s Book”の8回分のSpeaking Testの質問内容を全部答えられるようにする練習をしていました。

この書籍は、実践模試8回分が収録されており、実践に特化したIELTSの問題集です。

この試験対策が大いに役立ちました。Speakingの試験中、試験管から似たような質問がいくつもあり、試験管からの質問に対して的確に回答することができました。

体験談として、この問題集をみっちりと勉強すれば、Speaking Testで質問される事項がほとんど網羅できるので、Speakingの試験中に慌てることがなくなります。

高得点を狙う場合は、この問題集は必要不可欠かと思います。

 

 

スピーキングは瞬発力が大切

Speaking Testにて求められる要素として、瞬発力がとても大切だと思います。

「Ah〜」、「Well〜」などを多く使用してしまうと、減点されてしまい、高スコアの取得が難しくなってしまいます。

Speaking TestにてやってはいけないNGポイントや対策・勉強方法を以下に紹介します。

 

【NG ポイント】

頭の中で日本語を先に考えてから英訳するのは厳禁です。そもそもSpeaking Testでは、そのような悠長な時間はありません。質問を聞かれた後、瞬時に論理的に返答することが、スコアアップには欠かせません。

 

【Speaking Testの対策】

A. 最初から英語で考えるようにしましょう。

B. すでに頭の中にある構文と単語を組み合わせて文章をつくりましょう。

 

【勉強方法】

上記の「最初から英語で考える」に関しては、英語脳を育てる必要があります。

英語脳を育てるには、音読が効果的です。ご自身が好きな参考を使用して毎日音読の練習をしてください。勉強法の詳細は、以下の記事の「音読こそが最強の勉強法である」を読んでいただけるとSpeakingの正しい勉強の仕方がわかるかと思います。

Speaking能力向上には、とにかく毎日継続して音読の練習をすることが大切です。

 

英語ができるようになる勉強方法
英語ができるようになる勉強方法
...

 

先に紹介したThe Official Cambridge Guide to IELTS Student’s Book with Answers with DVD-ROM (Cambridge English)の8回分の模試をすべて完璧に答えられるように練習しましょう。

Speaking Testのスコアアップにて筆者が使用して最強だと思ったアイテムがICレコーダーです。

はじめに自分の英語を聞いて驚愕しました。

 

あおねこ
あおねこ

自分の英語ってこんなに下手なのか。。

 

ICレコーダーを活用することで自分の英語の弱点をしれます。

 

例えば、

・単語と単語を繋げる際、音の変化をうまくできない (「Can I」は「キャン アイ」ではなく「キャナイ」になるなど)

・スペルと発音の間にあるルールをしっかりと使いこなせてない

・完璧に話そうとするあまり、言い直しが多くてなかなか最後までたどりつかない

・発音が悪い

・ボキャブラリーが少ない  等々

 

ICレコーダーを使用することが、自分の足りない点が嫌というほど知れます。

逆に言えば、ICレコーダーを使用することで、自分の改善すべき箇所が分かり、その改善箇所が自分の伸びしろだと気づけるのです。

 

ICレコーダーは、SONY製がオススメです。

スマホのボイスメモでも良いですが、音の拾い具合がまったく違うので、きちんとご自身の音声を確認したい場合はSONY製のICレコーダーをご使用されると良いかと思います。

筆者は、通勤中の電車内にて自身の英語をICレコーダーにて聞き、「今日はこのポイントを直そう」などと、移動中に帰宅後の勉強方法と対策を練っていました。

 

 

 

続いて、「すでに頭の中にある構文と単語を組み合わせて文章をつくる」ことに関しては、英語の基礎が必要です。ボキャブラリーを増やして、英文法をしっかりと理解して、発音の練習をしっかりとすることが大切です。

言いたいことを表現するためには、「最適な構文は何か」、「どの単語を当てはめるべきか」などといった具合に、話す枠組み(構文)とパーツ(単語)を脳内のデータベースから引っ張りだして、英語を話します。

音読の練習と基礎(単語、文法、発音)を固めることで、スピーディーに英語を話すことができるようになっていきます。

 

出典:筆者作成

図:スピーキング向上のためのストラクチャー

 

たとえば、自己紹介のように何度も使用している英文はスラスラと言えるかと思います。繰り返し使用している「構文と単語」は、考えるのとほぼ同時に口からでてくるのです。

構文と単語のキャパシティを向上させることで、使用できる英語の幅が広がります。

 

【文法の勉強】

総合英語Forestは、英文法のルールが事細かく書いてあり、英文法のなぜこうなるのか、という疑問が一つ一つ解説されています。とても分かりやすいのでオススメです。

英語上級者でも抜けている知識の穴埋め復習に使えると思います。

 

 

【単語の勉強】

IELTS対策として、筆者はこの単語集を使用しています。

日本語訳の付けられたIELTS用の単語集としては、シンプルな作りである程度の単語数もあるので、良いと思います。

 

 

【発音の勉強】

英語の発音をきちんと理解して使用できるようになれば、リスニングとスピーキングを正確に学習することができます。

まずは、英語の発音をしっかりとマスターする必要があります。

筆者はこの書籍を使用して英語の発音の矯正をしました。

 

 

IELTS試験前日の準備

IELTS試験当日は朝が早いので、試験前日はゆっくり休むようにしましょう。

IELTS試験は午前中にWriting, Reading, Listeningの3科目があるので、午前中に脳をフル回転させる必要があります。前日は早く寝るようにしましょう。

 

【前日早く寝るための工夫】

・就寝前にスマホやパソコンは触らないようにしましょう。スマホから発せられるブルーライトは寝付けを悪くしてしまいます。

・体内リズムをしっかりとつくるようにしましょう。オススメは、毎朝朝日を浴びることです。

適度な運動をしましょう。身体を疲れさせることで、眠気が生み出されます。

・寝る前に充分にリラックスすることが大切です。

筆者は、安眠効果のあるラベンダーのアロマをベットの横に置いてます。中でも、イギリスのアロマテラピーブランドであるNEAL’S YARD REMEDIESがオススメです。このブランドは、オーガニックにこだわっているので、クオリティはかなり高いです。はじめて使用した時はその濃度の濃さにビックリしました。

筆者の場合、アロマを使用してから、入眠が早くなりました。

 

リラックス効果のあるラベンダーオイルがお勧めです

 

ニールズヤード レメディーズ エッセンシャルオイル ラベンダー 5ml

 

 

【筆者のルーティン】

試験前日の夜はしっかりと疲労をとることが大切です。

筆者の場合、試験前日には必ず銭湯に行き、サウナに入ります。サウナは疲労回復効果があるので、試験当日は心身ともにスッキリした状態で試験に臨めます。オススメです。

 

前日に持ち物はチェックしましよう

試験当日に必要な持ち物は以下になります。

 

・パスポート
・黒鉛筆(シャープペンシル、キャップ不可)
・消しゴム
・無色透明な容器に入った水

 

鉛筆、消しゴム、水はなくてもなんとかなりますが、パスポートがなければ受験できませんので、パスポートは必ず前日に鞄に入れたか確認しておきましょう。

 

なお、IELTS UKVIを受験される方は、1) 黒鉛筆、2) 消しゴム、3)水の3点は会場に用意されているので、持参は不要です。IELTS UKVIの受験方法に関しては、以下の記事に詳しく書いていますので、読んでみてください。

 

IELTS for UKVI 東京会場での受験方法
IELTS for UKVI 東京会場での受験方法
IELTS for UKVI 東京会場での受験方法を紹介。IELTS for UKVI の概要や東京会場への行き方、試験会場に着いてからするべきこと、試験中の注意点などを詳しく解説します。

 

筆者は、2019年4月13日(土)にIELTS UKVIを受験しました。

IELTSは、日本英語検定協会が運営する公式IELTS(アイエルツ)と、ブリティッシュ・カウンシル‎(British Council)が運営するIELTS for UKVIの2種類があります。

両者の違いや、IELTS UKVI東京会場の受験方法に関しては、上記の記事に詳しく書いていますので、読んでみてください。

 

留学
Aonekoをフォローする
Aoneko Lab