紫外線対策には正しいサングラスの使い方を学ぶべし

sunglasses-woman

スポンサーリンク

サングラスをかけることのメリット

サングラスは、おしゃれなファッションアイテムとしても活躍しますが、やはり目を保護するためのアイテムとしての役割が一番あると思います。本記事では、サングラスをかけることによるメリットを紹介したいと思います。

 

KOMONOのサングラス

出典:当サイト

筆者が愛用しているKOMONOのサングラス

 

 

 

サングラスをかけるメリット

・目の細胞を守る

・日焼けやシミの元となるメラニン色素をつくらせない → 日焼けやシミをつくらない

・疲れの原因となる「活性酸素」をつくらせない → 疲れない身体になる

 

 

サングラスをかけて目の細胞を守ろう

目に紫外線が当たると、目の細胞にダメージが生じます。

例えば、網膜に紫外線があたると、角膜が炎症を起こし、強い目の痛み、充血といった症状が出ることがあります。
さらに、ダメージを受け続ければそれは蓄積され、目の細胞を破壊してしまいます。これが、白内障などの病気につながることがあります。

このような病気を予防するためにも、紫外線が目に入らないようにするための工夫が必要です。

 

サングラスをかけて紫外線から目を守ろう

 

紫外線が目に入ると、目の細胞にダメージが生じますので、外出時にはサングラスをかけることを強くお勧めします。サングラスを選ぶ際のポイントですが、まずは、紫外線をカットできるものを選びましょう。以下の表に、紫外線(UV)カット率と紫外線透過率の概要を整理しました。

紫外線(UV)カット率は、割合が高い方が効果が高いです。

紫外線透過率は、割合が低い方が効果が高いです。

 

表: 紫外線カット率と紫外線透過率の概要

出典:著者作成

 

「UV400」といった表示が、サングラスによっては記載されているかと思います。このUV400というのは、波長400 nmまでの紫外線をカットできる、という意味になります。

 

サングラスをかけて日焼けやシミを防ごう

紫外線は、私たち人間にとって、細胞のDNAを書き換えてしまう大敵です。

目に紫外線が入ると、角膜で紫外線を察知します。

そして、脳は、それに対応して、紫外線を防御しようと全身のメラノサイト(色素細胞)を活性化させて、日焼けやシミの元となるメラトニン色素をつくらせます。

このような理由から、眼に紫外線が入るだけで、肌が日焼けしてしまうのです。

 

 

 

外出時は、サングラスをかけて、日焼けやシミの元となるメラニン色素をつくらせないようにしましょう。

 

紫外線を浴びると疲れやすくなる!?サングラスをかけて疲れない身体になろう

よく日焼けしている人は、健康的に見えますよね? でも実は、日焼けをしている人ほど疲れやすいということをご存知でしょうか?

なぜなら、疲れの原因となる「活性酸素」は、太陽の光に含まれている紫外線を浴びることで、体内に活性酸素がつくられてしまうからです。

紫外線対策は、よくシミやシワを防ぐために美容的な観点から行うものと考えられていますが、疲労を溜め込まないためにも、紫外線対策は大切です。

 

疲れない身体にするために外出時にはサングラスをかけよう


紫外線は、曇りの日でも、夏以外でも降り注いでいます。油断せずに外出時にはサングラスをかけるようにしましょう。

一般的には、日差しが強い日に紫外線が降り注いでいると思われていますが、曇っている日も紫外線はた〜ぷりと降り注いでいるのです。日々、外出時には、サングラスをかける習慣をつけましょう。

 

アスリートがサングラスをする理由の1つに、疲労を溜めないといった理由があります。よくマラソン選手がサングラスをしていますが、単に太陽がまぶしいからという理由だけではなく、サングラスを使用することで、眼に入る紫外線を防ぎ、疲労の蓄積を防ぐためのアイテムとして利用していることが多いです。みなさんも外出や運動をする際には、サングラスをかけて疲れが溜まらないようにしましょう。サングラスをかけることによって疲れの度合いが変わってくるかと思います。

 

紫外線は5月と6月が最も強い

紫外線が年間で最も強くなるのは、5月と6月頃とされてます。5月と6月は特に意識して紫外線対策をしましょう。もちろん夏真っ盛りの7月と8月頃も紫外線はた〜ぷりと降り注いでいるので、外出時はぬかりなくサングラスをかけましょう。

 

特に夏は、日差しが強いので、色の濃いサングラスを選ぼうとする人が多いです。しかし、この考え方はNGです。色の濃さと紫外線カットの性能には関係がありません。人間の瞳は、色の濃さに比例して瞳孔が開きます。色が濃いサングラスを使用すると、より多くの紫外線が瞳に侵入することがありますので、サングラスを選ぶ際には、色は薄いものを選びましょう。

 

 

筆者はKOMONOのサングラスを使用中

ちなみに筆者は、ベルギー・アントワープにて2009 年に設立された「KOMONO」というアクセサリーブランドのサングラスを愛用しています。このサングラスは、クオリティーが高く、デザイン性も高いので、気に入ってます。俳優の坂口健太郎さんもKOMONOのサングラスを愛用しているようですね。

 

KOMONOのサングラス

出典:当サイト

筆者が愛用しているKOMONOのサングラス

 

サイクリング、ドライブ、アウトドアなどのシーンにも最適なファッションなサングラスです。

 

あおねこ
あおねこ

眼に入る紫外線をあなどってはいけませんね。

外出時にはサングラスをかけるように心がけましょう。

 

健康
Aonekoをフォローする
Aoneko Lab