IELTS for UKVI 東京会場での受験方法

IELTS for UKVI 東京会場での受験方法

2019年2月にはじめてIELTS for UKVIを受験してきました。

そこで、IELTS for UKVIの受験に際して、筆者が失敗してしまったことや気をつけたほうがいいなぁと感じたことをまとめてみました。

※本記事は2019年2月時点の内容です。今後受験内容が変更になる場合がございますので、受験の際は、必ず最新の当該公式HPにて情報を確認してください。

 

そもそもIELTS for UKVI とは?

IELTSの受験は、日本英語検定協会が運営する公式IELTS(アイエルツ)と、ブリティッシュ・カウンシル‎(British Council)が運営するIELTS for UKVIの2種類があります。

 

IELTS for UKVIは英国ビザ申請用のIELTS(アイエルツ)
“イギリスでの就学や就業を希望する方は、英国ビザ申請のために IELTS for UKVI(Academic/ General Training)やIELTS Life Skills など、イギリス内務省が認めた Secure English Language Tests(SELT)での英語能力の証明を求められることがあります。”

IELTS と IELTS for UKVI の違いについて
“IELTS (Academic/General Training)と IELTS for UKVI (Academic/General Training)のテスト形式に違いはありません。内容や形式、難易度、採点方法は全て同じです。IELTS for UKVIの成績証明書には、イギリス内務省が認可したテストセンターで受験したことが記載され、それが相違点になります。”

引用:British Council

 

上記は、British CouncilさんのHPを引用させていただきましたが、受験の料金にも差異があります。

日本英語検定協会が運営する公式IELTS(アイエルツ)は、受験料(1人1回あたり)25,380円になります。
一方、IELTS for UKVI は受験料(1人1回あたり)30,600円になります。

 

※価格は2019年2月時点のものです。今後価格変更がある場合がございます。また、上記の価格は、IELTS(Academic)の受験を想定して価格の比較を行っております。IELTS(General), Life Skills A, Life Skills B1などを受験される方は、各HPにて価格をご確認ください。

 

あおねこ
あおねこ

IELTSにはアカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2種類があります。

アカデミック・モジュールは、受験生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価する試験です。

他方で、ジェネラル・トレーニング・モジュールは、英語圏で学業以外の研修を考えている人や、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドへの移住申請を行う人を対象とした試験です。

 

Pre-sessional English Course (英語準備コース)にはIELTS for UKVIの受験が必須

筆者の苦い経験から、声を大にして言いたいのは、Pre-sessional English Course (英語準備コース)に行くことを検討している方は、IELTS for UKVIの受験が必要になります。

Pre-sessional English Course (英語準備コース)は、大学院(修士・博士)のプログラムへの進学前に、アカデミック英語を向上させたい/させる必要がある方が当該プログラムに参加します。

 

【筆者の失敗談】

筆者は英国にてMBA留学を検討していたのですが、留学をすると決断してから出願までの準備期間が3ヶ月ほどしかありませんでした(勤め先の事情などから、留学を決意してから出願まで本当に時間がありませんでした)。普通に考えたら無謀ですよね。。ただ、無謀でも挑戦した上での失敗ならいいやと思っていたので、時間はありませんでしたが、挑戦してみました。

そういった事情から、希望する大学が指定した IELTSの点数には出願の段階ではスコアが届かないと判断しました。条件付き合格からPre-sessional English Course (英語準備コース)に通い、大学に入学しようと考えました。

如何せん時間がなかったため、IELTSのこともあまり調べずに、日本英語検定協会が運営する公式IELTSを申し込んでしまいました。

上記のとおり、Pre-sessional English Course (英語準備コース)に通うことを想定している場合は、必ずIELTS for UKVIの受験が必要なのです。

気づいたときには、時すでに遅し、泣く泣く日本英語検定協会が運営する公式IELTSをキャンセルして、IELTS for UKVIの申し込みをしました。

日本英語検定協会が運営する公式IELTSのキャンセル料は確か6,000円くらいだったと思います。

 

あおねこ
あおねこ

キャンセル料もったいなかったです。。

筆者と同じようなミスをしないように、Pre-sessional English Course (英語準備コース)に通うことを考えている方は、IELTS for UKVIに申し込むようにしましょう。

 

【Pre-sessional English Course (英語準備コース)を活用する戦略の具体例

例えば、英国のA校にてMaster of Business Administration (MBA)の留学を検討していた人がいいたとします。

 

イギリスのA校でMBAを学ぶぞ!

 

A校の入学条件として、IELTSのスコアが7.0必要だったとします。

 

何度か受験したけど、、くそ〜、IELTSのスコアが6.5しかとれない。。

でも、どうしてもA校でMBAの勉強をしたいだよなぁ。

 

どうしても目標とするIELTSのスコア7.0がとれない場合(6.5で足踏み状態などの場合)、Pre-sessional English Course (英語準備コース)に通い、当該プログラム内にて一定の成績を収めることにより、入学できる方法があります。

 

なるほど、その手があったのか!

IELTSのスコアが6.5でもPre-sessional English Course (英語準備コース)に通うことで、入学条件7.0のA校に入学することができるのか♪

(※入学するには、Pre-sessional English Courseにて一定の成績を収める必要があります。)

 

IELTS受験までにコンディションを整えること:2週間前から朝型生活の習慣をつけよう

IELTSのテストは、朝の9:00からスタートします。

これも筆者の失敗談なのですが、前日の夜までストイックに勉強していた結果、当日の朝に悲劇がおきました。

 

あおねこ
あおねこ

ね、眠い。。

あ、頭が回らない。。

 

そうです、朝、頭が回らないのです。

朝の9:00からはじまるリスニングテストのパッセージ1は頭が回らない状態で問題を解き、パッセージ2に入ってようやく頭が回ってきたことを鮮明に覚えています。

音声は1度しか放送されないため、頭が回らない状態は致命的です。

この苦い経験から、次のテストからは、2週間前から朝型生活の習慣をつけるようと決意しました。

 

※2019年4月13日からIELTS試験実施科目の順序が変更しました。

旧)リスニング→リーディング→ライティング
新)ライティング→リーディング→リスニング

 

IELTS試験実施科目の順序変更後に関しては、以下の記事に詳細を記載してます。

 

IELTS試験実施科目の順序変更後に受験してみた感想と対策
...

 

朝型生活を始める際のポイントは、少しずつ早く起きれる身体にしていくことが大切です。

(いきなり、今よりも1時間早く起きようと努力をしてもなかなか効果を得ることができません。)

まずは、10分〜20分早く起きれるようにしていきましょう。慣れてきたら更に10-20分という感じで、少しずつ早起きをしていきます。起床3-4時間後は脳が最も活発に活動する時間帯と言われていますので、IELTSのテストが朝の9:00から開始することを逆算すると、遅くとも6:00には起床できる身体をつくる必要があります

なお、人間のカラダに備わっている体内時計は、24時間よりも少し長めにセットされています。
このちょっとずれた体内時計を正しい時間にリセットしてくれるのが光です。すっきり目覚めるためには、光はとても効果的です。

以下は、メンタリスト Daigoさんがおすすめしていた体内時計リセット覚醒ブルーライトLEDです。

 



光目覚ましだけではなく、もちろん、朝日を浴びることもすごく大切です。朝起きたらまず、カーテンを開けて、自然光も浴びるようにしましょう。

 

そして、朝ご飯も必ず食べるようにしましょう。朝ご飯を食べることで、脳にエネルギーが供給され、集中力が高まります。試験当日は必ず朝ご飯を食べましょう。

試験当日は、試験中に頭が回るように、「糖質・たんぱく質・脂質」をバランスよく含んだ食事を摂るようにしましょう。具だくさんの野菜スープは、一品なので簡単に作れる上で、栄養バランスがしっかりと取れて、身体が温まるのでおすすめです。

 

野菜をMotto!!国産厳選野菜スープ


IELTS for UKVIの試験の詳細はメールでくる

申込後、受験の詳細は、登録したメールアドレス宛てに送られてきます。

筆者の場合、試験の8日前に登録したメールアドレス宛てに受験の詳細が送られてきました。そのメールに開催場所や時間等の詳細が明記されてます。

試験は朝の9:00から開始ですが、登録の手続きの時間は、8:00 AM – 8:30 AMですので、注意しましょう。

試験会場

試験会場は、ブリティッシュ・カウンシル 飯田橋本校が入っているビルになります。

住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂 1-2

建物名:研究社英語センタービル

 

出典:ブリティッシュ・カウンシル

図:IELTSテストの会場(東京)地図

 

東京メトロを利用される方は、飯田橋駅のB3出入口が会場まで一番近いです。

 

出典:筆者作成

図:IELTSテストの会場(東京)までの行き方

 

あおねこ
あおねこ

飯田橋駅のB3出入口から歩いて3-4分くらいすると、会場が見えます。

 

出典:筆者撮影

写真:IELTSテストの会場(東京)外観

当日会場(東京)での注意点

荷物は地下1階に置きます。パスポートのみを持ち、地下2階に移動します。

 

出典:筆者作成

図:IELTSテストの会場(東京)建物断面図

 

ここで注意点、パスポートカバーは外しましょう

 

あおねこ
あおねこ

筆者は、仕事柄海外出張が多く、パスポートをよく使うので、パスポートカバーをつけていたのですが、スタッフに「パスポートカバーをは外してください」と、注意されました。

 

 

出典:筆者撮影

写真:パスポートとパスポートケース

 

ちなみに筆者のパスポートケースは、ビジネスレザーファクトリー(Business Leather Factory )の牛本革 パスポートケースを使用してます(3,000円程のお手軽な価格です)。
旅中に紛失しやすい半券専用のポケットがあるのがありがたいです。このパスポートケースのおかげで、空港で必要なアイテム全てをひとつにまとめられることができます。使えば使うほど手に馴染み、経年変化も楽しめるのでオススメです。

牛本革の名刺入れもお手頃な価格で手に入ります(3,000円程)。

コスパは非常に高いと思います。こちらも使えば使うほど革本来の良さを実感できると思います。手にフィットする飽きのこない名刺入れです。

 

出典:筆者撮影

写真:筆者が愛用するパスポートケースと名刺入れ

 

ビジネスシーンを彩る革小物Business Leather Factory


【会場に持っていける物】

日本英語検定協会が運営する公式IELTSでは、試験会場ヘは、以下の持ち込みが許されてます。

  • 黒鉛筆(シャープペンシル、キャップ不可)
  • 消しゴム(カバー不可)
  • 無色透明な容器に入った水

一方で、IELTS for UKVIの受験の場合は、鉛筆、消しゴム、(無色透明な容器に入った)水の持ち込みはすべて不可となっております。

試験会場にて、鉛筆、消しゴム、水、ティッシュが用意されてます。

鉛筆、消しゴム、水は、机の上にセットされています。ティッシュは、会場の入り口にティッシュボックスが置いてあるので、2-3枚とっておきましょう。

 

ここでもう一つ注意点、この段階でトイレを必ず済ましておくようにしましょう。

地下2階に行くと、登録手続き、写真撮影、セキュリティチェック、会場入りという流れで進みます。登録手続きをしてしまうと、トイレには行けません。そのため、この段階でトイレを済ましておくようにしましょう。

 

トイレを済ましたら登録手続きです。

筆者が受験した当日は100名程受験していたため、登録手続きに時間がかかりました。

列になって並んでいる際に、スタッフから、「登録した後にはトイレに行けませんよ(英語)」と言われたため、一度列を外れて、トイレに行きました。

(内心、「列に並ぶ前に言ってくれよ」、と思いました。)

 

なお、登録手続きの際には、パスポートのサインを書く必要があるので、パスポートのサインは忘れずに覚えておきましょう。

試験中にトイレに行くことについて

(※以下の内容は筆者が受験した旧式の受験科目の順番(リスニング→リーディング→ライティング)です。2019年4月から受験科目の順番が変更(ライティング→リーディング→リスニング)しましたので、以下の内容は注意して読んでください。)

 

ライティングテストの開始時(問題用紙が配られ、試験開始になった直後)、前方に座っていた受験者の何人かが手を挙げました。

トイレに行きたいがために手を挙げているということが、数秒した後に分かりましたが、急に何人も手を同時に挙げたため、数秒気が散ってしまいました。

ライティングテスト開始時にトイレに行く人が何人かいるということを頭に入れておくようにしましょう。数秒のロスがなくて済みます。

また、8:30の受験者の登録手続き以降、午前中(試験終わりの12:30頃まで)は、トイレに行くことができません。そのため、ライティングテストが開始される時間(11:20頃)は、トイレに行きたくなる時間帯です。トイレに行くことを我慢するよりかは、思い切ってトイレに行くということも選択肢の一つとしてありかもしれません。

まずは、ライティングの問題をさっと読み、トイレに行っている間にライティングの構成を頭の中で考えるようにすれば、時間的なロスが少なくて済むかもしれません。どうしても我慢できない場合は、ライティング開始時にトイレに行きましょう。

ちなみに筆者は、試験中に水をあまり飲まないように注意しました。

試験の途中でトイレに行っても、時間の延長はないので、トイレに行くという事態が発生しないように、気をつけていました。

また、試験の前日に辛いものや油っぽいものを食べるのは控えましょう。試験中にお腹を下してしまったら完全にアウトです。

トイレが近い(頻尿ぎみ)の方は「ハルンケア」を服用してみてはいかがでしょうか。頻用の症状の緩和になります。

 

 

時間配分

時計の持ち込みは不可となっております。

試験会場の一番前のスクリーンにて時刻が表示されてますが、視力の悪い人で後ろの席に座ってしまった場合、スクリーンの時計の針が見えにくいので、よく見えるメガネや、度数の合ったコンタクトを付けて試験に臨むようにしましょう。

試験終了前に残り5分などといったアナウンスがありますが、手元に時計がないため、数秒単位の時間管理がしにくい状況です。

可能であれば、5分前には、スペルチェックや見直し、そして空欄を埋める時間に当てましょう(ぎりぎりまで問題を解くことになるかと思いますが、試験終了前には空欄は必ず埋めましょう)。

 

なぜか外国人の受験者も多い件

受験を受けた際、外国人の受験者が多いなぁと感じました。特に中国人の方が多かったと記憶してます。それぞれ個別に事情があるのだとは思いますが、どうして日本でIELTSを受験しているのかが気になりました。

そのため、スピーキングテスト終了後、同じ時間帯にテストを受けていた服装がお洒落なアジアンビューティーに声を掛けてみました(ちょっと話したかったというのもありますが 笑)。

 

あおねこ
あおねこ

こんにちは!

 Asian Lady
Asian Lady

(英語で)日本語は話せません。英語で話してください。

あおねこ
あおねこ

(以下、英語)あ、すみません。

どうして日本でIELTSを受けたのですか?

気になって声をかけてしまいました。

 Asian Lady
Asian Lady

私は、今、フランスに住んでいて、金融の仕事をしてます。

ただ、この先転職を考えていて、希望する転職先がイギリスだったので、IELTSの受験が必要になりました。

そして、たまたま観光で日本に来る機会があったので、「このタイミングでIELTSを受けちゃえ!」っと思ったのです。

あおねこ
あおねこ

なるほど!そうなんですね。事情がよく分かりました。

ちなみにスピーキングテストの登録時にお名前を聞きましたが、ご出身は中国ですか?

 Asian Lady
Asian Lady

はい。私の出身は中国です。

あおねこ
あおねこ

私たちがスピーキングテストを受けていた時間帯は、中国人が半分くらいいましたね。中国人の受験者が多くてびっくりしました。みなさんIELTSを受けるために日本に来ているのでしょうか?

 Asian Lady
Asian Lady

うーん。私は他の中国人がどうして日本でIELTSを受験しているのかちょっとわからないなぁ。私の場合はたまたま観光のついでに日本で受験しただけだから。

あおねこ
あおねこ

そうなんですね。

どういった方がどういった目的で受験されているのかが気になっていたものでして。

お話ありがとうございました。すごく参考になりました。

 Asian Lady
Asian Lady

どういたしまして。

お互いIELTSの結果が良いといいですね^^

 

お話させてもらったAsian Beautyの中国人は、フランス在住ということもあってかなりお洒落でした。

他の中国人の受験者と雰囲気が違っていたので、彼女は特殊なケースかもしれません。

たまたま帰りが一緒だったので、彼女に声をかけてみましたが、今後、他の外国人にもヒアリングをしてみようと思います(あと何回かIELTSを受験する予定ですので)。

ヒアリングをした感想は、シンプルに世の中にはいろんな人がいるんだなぁと思いました。

動画:IELTS for UKVI 東京会場受験のポイント解説

IELTS for UKVI 東京会場受験のポイント解説の動画を作成しましたので、よかったら見てください。

留学
aonekoをフォローする
あおねこ部