【北海道発デジタル通貨YUKI】地域経済活性化を指向する暗号通貨

サブスクおすすめ
\プライム会員なら追加料金なし!/

北海道発デジタル通貨YUKI

スポンサーリンク

【Yuki Projectとは?】北海道発の地域活性化を主軸としたデジタル通貨プロジェクト

こんにちは!Aoneko( @blue_cats03)です。今回は北海道発デジタル通貨YUKIについて解説します。

 

 

【仮想地域通貨】地域活性化の新たな試み

地域活性化をテーマとする北海道発のYuki Projectは、イーサリアムベースのトークンを発行して、IEO(Initial Exchange Offering)での資金調達を行い、第一産業を中心に北海道の地域経済活性化を目指しています。

Twitter公式サイト: 北海道発デジタル通貨 YUKI

公式サイト: Yuki(北海道発デジタル通貨)

YUKIプロジェクト

 

地域仮想通貨Yukiは取引所Mercatoxに上場しています

Yukiは、ERC223規定トークン(Ethereum Based)を採用し、Mercatoxに上場しています。

公式サイト: Mercatox

Just a moment...

 

Yuki Projectの運営組織

北海道大学の卒業生らが創業した株式会社Currency DesignYuki Projectを運営しています。

公式サイト: 株式会社Currency Design

株式会社Currency Design | Create New Value from Hokkaido, Japan.
Create New Value from Hokkaido, Japan.

 

ビットコインやアルトコインとの交換が可能

直接法定通貨に交換はできませんが、ビットコインやアルトコインとの交換は可能です。

 

ブロックチェーン関連記事

日本ではまだまだブロックチェーン技術者が少ないため、ブロックチェーンのスキルを身につけることができれば、希少価値が高く、大きなチャンスを得ることができます

関連記事: これから稼げる職業はブロックチェーンである

これから稼げる職業はブロックチェーンである
ブロックチェーン(Blockchain)技術者になれば将来安泰です。日本はブロックチェーン・エンジニアが少なく、このスキルを身につければ、市場価値は高くなります。スマートコントラクトの開発までできれば年収1000以上も夢ではありません。

 

ブロックチェーン情報の探し方について解説した記事です。ブロックチェーンの一次情報源は英語なので、最新情報を探すときは英語のサイトにアクセスすることをお勧めします。

関連記事: ブロックチェーン情報の探し方

ブロックチェーン情報の探し方
【最新のブロックチェーン情報を入手する方法】ブロックチェーンの一次情報源 ( primary sources ) は英語です。翻訳精度が高いDeepLを活用したり、Googleアラートを利用すると最先端の情報をいち早く入手することができます。

 

スマートコントラクトやDAppsに広く使われるEthereumについて解説した記事です。

関連記事: 【Ethereum】スマートコントラクトとDAppsを解説

【Ethereum】スマートコントラクトとDAppsを解説
スマートコントラクトやDAppsに広く使われるイーサリアムが凄い!スマートコントラクトやDAppsで広く活用されているEthereumを使ったサービスやネットワーク情報を提供しているEtherscanは、様々な情報が公開されています。

 

中国は国家戦略としてブロックチェーン技術の推進に取り組んでおり、民間もテンセント、アリババ、バイドゥ等、世界的なデジタル・プラットフォーマーが活躍しています。

関連記事: 中国のブロックチェーン戦略

中国のブロックチェーン戦略
ブロックチェーン強国を目指す中国は、国家戦略としてブロックチェーン技術の積極的な推進に取り組み、暗号法も公布されました。テンセント, アリババ, バイドゥなどのデジタル・プラットフォーマーもブロックチェーンに積極的に介入しています。

 

独ベルリンには国際的にも有名な、オーシャン・プロトコル、イーサリアム、IOTAを含め、約100ものブロックチェーンや暗号資産に関するプロジェクトが進行中です。 ドイツ政府のブロックチェーン国家戦略など、国を挙げてBlockchainのインフラを構築しています。

関連記事: ドイツ・ベルリンはブロックチェーン技術の集積地である

ドイツ・ベルリンはブロックチェーン技術の集積地である
独ベルリンは、Ocean Protocol、Ethereum(イーサリアム)、IOTAを含め、約100ものブロックチェーンや暗号資産に関するプロジェクトが進行中です。ドイツ政府のブロックチェーン国家戦略など、独政府の取り組みにも注目です。

 

政府・民間一体となった試みで「ブロックチェーン国家」になったエストニア政府のブロックチェーン戦略の記事です。

関連記事: エストニア政府のブロックチェーン戦略

エストニア政府のブロックチェーン戦略
ブロックチェーンをいち早く導入したエストニア政府は電子政府(デジタル・ガバナンス)として注目されています。銀行口座を持てたり、会社をつくったりできるe-Residencyの制度が魅力的です。エストニア内で法人設立などビジネス拡大も可能です。

 

独学でブロックチェーンを学ぶ人にオススメしたい書籍

これから独学でブロックチェーンを学ぼうとされている方にお勧めしたい書籍を2冊ピックアップしました。

 

あおねこ
あおねこ

まずはこの2冊を精読しましょう。

 

いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み』は、ビットコインやブロックチェーンの全体像を理解し、裏側の仕組みが理解できる書籍です。

 

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門』は、ビットコインやブロックチェーンの全体像を理解し、ブロックチェーン技術を用いた開発スキルが身につく書籍です。

 

【ブロックチェーン開発にお勧めの本】ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

いちばんやさしいブロックチェーンの教本』と『堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門』を精読した上で、『ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書』を読みながら手を動かしてみてください。ブロックチェーンに触れることで初めて問題点や可能性も見えてくるはずです。

 

ブロックチェーン技術を取得できる場所

TechAcademyは、ブロックチェーンを基礎から学べ、スマートコントラクトの開発までできるプログラムになっています。

知識ゼロからでもブロックチェーン技術を取得できるようになっております。

 

あおねこ
あおねこ

今後の将来を考えて、TechAcademyでブロックチェーンのスキルを取得して、転職活動をするという方法もありだと思います。

 

TechAcademyのブロックチェーン・コース

TechAcademyでブロックチェーンを学ぶ場合、ブロックチェーン・コースと、スマートコントラクト・コースがあります。

TechAcademy ブロックチェーン・コースは、1) ブロックチェーンの仕組み、2) ウォレットの仕組み、3) ブロックチェーンのセキュリティなどを体系的に身につけることができます。

公式サイト1: TechAcademy【ブロックチェーン・コース】

 

TechAcademy スマートコントラクト・コースは、ブロックチェーン技術を学び、スマートコントラクトを開発するプログラムです。Solidityという言語を使ってブロックチェーン上で動作するアプリケーションを開発します。

公式サイト2: TechAcademy 【スマートコントラクト・コース】

 

あおねこ
あおねこ

転職を視野に入れている方は、スマートコントラクト開発までのスキルがあると転職活動がスムーズになるでしょう。

 

Kindle unlimited(30日無料)でブロックチェーン関連の本を読む

お手持ちのスマホ、タブレット、パソコンでいつでも読むことができる、デジタルな本 Kindle Unlimitedは「30日間の無料体験」が利用できます。今回紹介したブロックチェーン関連の書籍もKindle にて読むことができます。

 

 

【公式サイト】Kindle Unlimitedを無料体験する

Kindle Unlimited無料登録

 

あお子
あお子

本当に無料なの?解約できるの?

あおねこ
あおねこ

はい、大丈夫です。

 

Kindle Unlimitedの公式HPにはっきり「30日間無料」と記載されています。追加料金は一切かかりません。無料体験できる方の条件としては、これまでにKindle Unlimitedをご利用いただいたことがない方になります。

これまでにKindle Unlimitedをご利用いただいたことがない方は、無料でお試しいただけます。無料体験期間が終了すると、自動的に月額料金プランの料金が請求されます。
(引用:Amazon公式サイト, Kindle Unlimitedについて)

 

【公式サイト】Kindle Unlimitedを無料体験する

Kindle Unlimited無料登録

 

あおねこ
あおねこ

30日以内に解約すれば料金はかかりません。