インドのアグリテック系スタートアップ企業一覧

サブスクおすすめ
\プライム会員なら追加料金なし!/
Intellolabs in Melbourne

写真: Intellolabs in Melbourne, 出典: Twitter@Intellolabs

スポンサーリンク

今注目のインド・アグリテック系スタートアップを調べてみた

こんにちは!Aoneko( @blue_cats03)です。今回はインドのアグリテック系スタートアップ企業を紹介します。

インドでは、天候や湿度などのデータから栽培方法を助言したり、インターネットで農産物を小売業者に直接販売したり、農業とITを融合したアグリテックスタートアップが存在感を高めています。

 

 

スター・アグリバザール・テクノロジー

スター・アグリバザール・テクノロジー(Star AgriBazaar Technology Limited)は、生産者と小売業者などがネット上で直接取引できるプラットフォームを運用しています。

生産者は農作物の数量や価格を決めて出品し、注文が入ったら出荷します。輸送はアグリバザールが行います。

公式サイト: Star AgriBazaar Technology Limited

agribazaar - Star Agribazaar Technology Limited

 

agribazaar

図: Star AgriBazaar Technology Limited, 出典: AgriBazaar HP

 

ニンジャカート(旧:63アイデアズ・インフォラボズ)

ニンジャカート(Ninjacart, 旧63アイデアズ・インフォラボズ, 63Ideas Infolabs Pvt Ltd)は、ネットを介して生産者から直接仕入れ、小売業者に卸すサービスを展開しています。

公式サイト: Ninjacart

Ninjacart | Revolutionizing the Fresh Produce Supply Chain
Ninjacart is India's largest tech-driven supply chain platform that connects farmers of fresh vegetables and fruits with kiranas and businesses.

 

ninjacart

図: Ninjacart, 出典: Ninjacart HP

 

インテロラボズ

インテロラボズ(Intellolabs)は、農作物をサイズや傷みに応じて自動で仕分けするシステムを提供しています。

公式サイト: Intellolabs

Intello Labs - Digitizing quality across fresh produce supply chains
Intello Labs detects variance from specifications, matching output to needs

 

 

ウォルクス・テクノロジー・ソリューションズ

ウォルクス・テクノロジー・ソリューションズ(Wolkus Technology Solutions Pvt. Ltd)は、天候や土の状態を分析してスマートフォン経由で農家に助言するサービスを提供しています。

ウォルクス・テクノロジー・ソリューションズが提供する「フォサル(fasal)」は、人工知能(AI)が農作業をアドバイスしてくれるサービスです。

気温や土壌の湿度などを計測するセンサーと通信機器を畑に設置し、地域の気象データと組み合わせて、AIに読み込ませる仕組みです。

公式サイト: 【フォサル(fasal)】ウォルクス・テクノロジー・ソリューションズ

Fasal - Grow more, grow better

 

 

ユーリンク・アグリテック

ユーリンク・アグリテック(ULink AgriTech Pvt Ltd)は、農業の専門家が電話で農家に助言し、肥料や農薬、タネなどをネット販売するサービスを展開しています。インド版の「バーチャル農協」として期待される企業です。

 

EM3アグリサービシズ

EM3アグリサービシズ(EM3 Agri Services)は、トラクターなどの農機を時間単位でレンタルするサービスを提供しています。

EM3アグリサービシズの役割

図: EM3アグリサービシズの役割, 出典: EM3 Agri Services HP