【Ethereum】スマートコントラクトとDAppsを解説

サブスクおすすめ
\プライム会員なら追加料金なし!/

イーサリアム

スポンサーリンク

スマートコントラクトやDAppsに広く使われるイーサリアム

こんにちは!ブロックチェーンに詳しいAoneko( @blue_cats03)です。今回はスマートコントラクトやDAppsに広く使われるEthereumについて解説します。

 

 

Etherscanとは?

スマートコントラクトやDAppsで広く活用されているEthereumを使ったサービスやネットワーク情報を提供しているEtherscanは、様々な情報が公開されています。

公式サイト: Etherscan

Ethereum (ETH) Blockchain Explorer
Etherscan allows you to explore and search the Ethereum blockchain for transactions, addresses, tokens, prices and other activities taking place on Ethereum (ET...

 

etherscan

出典: Etherscan

 

あおねこ
あおねこ

DAppsを使ったサービスを検索することもできます。

 

Etherscanの現状は、ゲーム関連が多いですが、ファイナンス系やトークンを活用したマーケットプレースなど数多くのサービスがすでに生まれています。まずはどんなことができるのか自分で探してみてはいかがでしょうか。

公式サイト: Etherscan

Ethereum (ETH) Blockchain Explorer
Etherscan allows you to explore and search the Ethereum blockchain for transactions, addresses, tokens, prices and other activities taking place on Ethereum (ET...

 

海外では日本よりもブロックチェーンを使って新しいビジネスをおこそうという機運が広がっています。また、エストニアは「e-Residency」の導入など、政府・民間一体となった試みで「ブロックチェーン国家」になり、今やユニコーン企業を輩出するスタートアップの聖地になりつつあります。

公式サイト: エストニア政府のブロックチェーン戦略

エストニア政府のブロックチェーン戦略
ブロックチェーンをいち早く導入したエストニア政府は電子政府(デジタル・ガバナンス)として注目されています。銀行口座を持てたり、会社をつくったりできるe-Residencyの制度が魅力的です。エストニア内で法人設立などビジネス拡大も可能です。

 

スマートコントラクトとは?

契約管理をブロックチェーンで行うことをスマートコントラクトと言います。紙の文章を管理するわけではなく、契約書と同等の処理を自動的に行う仕組みであり、狭義にはそのプログラムのことだけをいう場合もあります。

契約書として定めたある条件が揃った時に事前に決めていた金額を自動的に送金することができれば契約書と同等の扱いになります。
条件の判定や送金指示の仕組みをブロックチェーン上にプログラミングすることで成立します。

 

DApps(ダップス/ディーアップス)とは?

DAppsは、Decentralized Applications(非中央集権型アプリケーション)の略称です。スマートコントラクトもDAppsのひとつと考えられています。

 

あおねこ
あおねこ

新しいビジネスをブロックチェーンで実現する時に使える仕組みがスマートコントラクトで、スマートコントラクトを含めてブロックチェーン上にプログラミングして実現した仕組みがDAppsです。

 

DAppsは、契約書のようなものだけに限らず、様々なプログラムをブロックチェーン上で仕組みとして実現することができ、例えば「Cryptokitties」はEthereumというブロックチェーン上で実現したゲームで、猫の交配やトレードなどができます。

公式サイト: Cryptokitties

CryptoKitties | Collect and breed digital cats!
Collect and trade CryptoKitties in one of the world’s first blockchain games. Breed your rarest cats to create the purrfect furry friend. The future is meow!

 

 

イーサリアムを学べる書籍

Ethereum+Solidity 入門』は、イーサリアムだけでなく、社会経済との関わり、マイニング、スマートコントラクトやトークンなど仮想通貨全般に通用する理論を学べます。基礎的な概念を学ぶことのできる良書です。

 

あおねこ
あおねこ

専門的な用語にも逐一説明が加えられているので、あまり仮想通貨と馴染みがない人でもスラスラ読み進められます。

 

 

マスタリング・イーサリアム ―スマートコントラクトとDAppの構築』は、セキュリティや暗号に精通した視点で説明されており、特にスマートコントラクトに必要なセキュリティのアンチパターンの情報が豊富に記載されています。

 

あおねこ
あおねこ

ブロックチェーンエンジニアなら必須の本です。

 

 

ブロックチェーン関連記事

日本ではまだまだブロックチェーン技術者が少ないため、ブロックチェーンのスキルを身につけることができれば、希少価値が高く、大きなチャンスを得ることができます

関連記事: これから稼げる職業はブロックチェーンである

これから稼げる職業はブロックチェーンである
ブロックチェーン(Blockchain)技術者になれば将来安泰です。日本はブロックチェーン・エンジニアが少なく、このスキルを身につければ、市場価値は高くなります。スマートコントラクトの開発までできれば年収1000以上も夢ではありません。

 

ブロックチェーン技術を取得できる場所

TechAcademyは、ブロックチェーンを基礎から学べ、スマートコントラクトの開発までできるプログラムになっています。

知識ゼロからでもブロックチェーン技術を取得できるようになっております。

 

あおねこ
あおねこ

今後の将来を考えて、TechAcademyでブロックチェーンのスキルを取得して、転職活動をするという方法もありだと思います。

 

TechAcademyのブロックチェーン・コース

TechAcademyでブロックチェーンを学ぶ場合、ブロックチェーン・コースと、スマートコントラクト・コースがあります。

TechAcademy ブロックチェーン・コースは、1) ブロックチェーンの仕組み、2) ウォレットの仕組み、3) ブロックチェーンのセキュリティなどを体系的に身につけることができます。

公式サイト1: TechAcademy【ブロックチェーン・コース】

 

TechAcademy スマートコントラクト・コースは、ブロックチェーン技術を学び、スマートコントラクトを開発するプログラムです。Solidityという言語を使ってブロックチェーン上で動作するアプリケーションを開発します。

公式サイト2: TechAcademy 【スマートコントラクト・コース】

 

あおねこ
あおねこ

転職を視野に入れている方は、スマートコントラクト開発までのスキルがあると転職活動がスムーズになるでしょう。

 

独学でブロックチェーンを学ぶ人にオススメしたい書籍

これから独学でブロックチェーンを学ぼうとされている方にお勧めしたい書籍を2冊ピックアップしました。

 

あおねこ
あおねこ

まずはこの2冊を精読しましょう。

 

いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み』は、ビットコインやブロックチェーンの全体像を理解し、裏側の仕組みが理解できる書籍です。

 

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門』は、ビットコインやブロックチェーンの全体像を理解し、ブロックチェーン技術を用いた開発スキルが身につく書籍です。