ラグビーW杯でイギリスが複数チーム出場している理由を解説

ラグビー

ラグビーW杯でイギリスが複数チーム出場しているのはなぜ?

こんにちは!イギリス在住のあおねこ( @blue_cats03)です。

今回は、ラグビーW杯でイギリスが複数チーム出場している理由を解説します。

まずはじめに、ラグビーW杯2019に出場しているイギリスのチームを確認しましょう。

 

ラグビーワールドカップ出場国

出典:wikipediaを基に当サイト作成

図:イギリスから出場する4つのチーム

 

イギリスの出場チーム
  1. イングランド
  2. ウェールズ
  3. スコットランド
  4. アイルランド(※アイルランド共和国とイギリスの2カ国から形成)

 

アイルランドは2カ国から形成されたチーム

アイルランドは、アイルランド共和国とイギリスの北アイルランドから形成されたチームです。

 

あおねこ
あおねこ

アイルランド共和国とイギリスの一部(北アイルランド)から選手が選出されて、アイルランド代表チームが形成されます。

 

アイルランド共和国と北アイルランドの位置図

出典:openstreetmapを基に当サイト作成

図:アイルランド共和国と北アイルランドの位置図

 

イギリスを構成する4つの地域:イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの場所を確認

イギリスを構成する4つのカントリー(国)は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドです。イングランド、ウェールズ、スコットランドは、グレートブリテン島に位置しており、北アイルランドは、アイルランド島北東部に位置しております。

 

 

イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド

出典:wikipedia

図:イギリスを構成する4つの地域

 

 

イギリス各地域の旗:イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド

出典:wikipediaを基に当サイト作成

図:4つの国旗

 

 

イギリスの位置づけ@大学のレクチャー

出典:当サイト作成

図:イギリスの構成@大学のレクチャー

 

筆者が通う大学では、イギリスがどのような構成で成り立っているのかといったレクチャーがありました。大学のレクチャーでもしっかりと教えるほど、イギリス(UK)の構成は、イギリス人にとって、とても大切な事柄なのです。

(留学生用のレクチャーだったため、プレゼン資料のところどころに中国語が書かれています。筆者が通う大学の留学生は、日本人よりも中国人が多いのです。)

 

イングランド、スコットランド、ウェールズが別々に出場している理由

イングランド、スコットランド、ウェールズは、単独のスポーツ団体を有しており、ワールドカップ等の国際大会においては、それぞれの代表に分かれて競い合うことになっています。このような理由から、ラグビーW杯においてもイングランド、スコットランド、ウェールズはそれぞれの代表にて出場しているのです。

 

アイルランド代表がアイルランド共和国とイギリスの北アイルランドで形成されている理由

国際スポーツ大会において、イギリスの一部である北アイルランドは、アイルランド共和国と共に全アイルランドを統括する団体に組織されるため、アイルランド代表は2カ国で形成されたチームになるのです。

 

イギリスの出場チームが複数になる理由は過去の歴史を知る必要がある

スコットランドとイングランドは、過去に何百年も争い合っていたり、ウェールズはイングランドに征服された過去があったり、北アイルランド問題があったりと、イギリスの歴史を遡ると、イギリスが4つの「カントリー」と呼ばれる「国」によって単一の主権国家が形成されているということがわかります。

すなわち、イギリス(UK)は、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの「国」で構成されているという認識が正しいのです。

この歴史的背景を知っていると、ラグビーW杯にて、どうしてイギリスから複数のチームが出場しているのかということがわかります。

また、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドには独自の文化やアイデンティティが存在します。

各出身地(イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド)のプライドがあるため、それぞれの「国」を認めて、リスペクトすることで、イギリス人とのコミュニケーションがスムーズになります。

このことを理解していないと、知らぬ間に、「スコットランドは国ではないよね」等と、イギリス人に侮辱的な発言をしてしまうことがあるので、気をつけてください。

 

 

あおねこ
あおねこ

イギリスで生活していると、4つの国をそれぞれリスペクトすることの大切さを肌で感じます。

 

イングランドってどんなところ?

イングランドは、グレートブリテン島の南部の約3分の2を占めており、北方はスコットランド、西方はウェールズと接してます。

これまで当サイトでは、イングランドのリーズストラトフォード・アポン・エイヴォンマンチェスターの都市を取材して記事にしております。よかったら読んでみてください。イングランドのイメージが湧くかと思います。

 

【リーズの街を紹介】リーズ駅から観光地とリーズ大学までの行き方も解説
リーズの街の魅力を紹介。リーズ駅から観光地とリーズ大学までの行き方も解説します。市街地はリーズ美術館やリーズ市立美術館、リーズ大聖堂、アリーナ、大型ショッピングモール等があります。リーズは徒歩圏で生活できるコンパクトできれいな街です。

 

シェイクスピア誕生の街:ストラトフォード・アポン・エイヴォンの観光地を写真で紹介
シェイクスピア誕生の地であるストラトフォード・アポン・エイヴォンの観光地を写真で紹介。シェイクスピアの生家、ロイヤル・シェイクスピア・シアター、ホーリー・トリニティ教会、マーケット、エイヴォン川周辺の自然等を紹介した記事です。

 

マンチェスターの街並みと観光地の紹介【日帰り一人旅】
マンチェスターの見どころ紹介を紹介した記事です。マンチェスターの場所や行き方も解説。 マンチェスターユナイテッド, スタジアム, 国立サッカー博物館, 市庁舎, 大聖堂, 市立美術館, 聖アン教会​, マンチェスター 博物館など。

 

 

ウェールズってどんなところ?

ウェールズは、グレートブリテン島の南西に位置し、南にブリストル海峡、東にイングランド、西と北にはアイリッシュ海に接しています。ウェールズの首都であるカーディフを当サイトにて取材し、記事にしました。よかったら読んでみてください。

 

カーディフの見どころを街歩きをして紹介:旅行記ブログ
カーディフの見どころ(観光スポット)を街歩きをして紹介。カーディフ国立博物館, カーディフ大学, カーディフ城, カーディフ中央駅, カーディフ中央図書館, ミレニアム・スタジアム等を紹介します。カーディフの気候や治安も併せて解説します。

 

ウェールズの国旗にはWelsh Dragonと呼ばれる赤い竜が描かれており、この竜はウェールズのシンボルになっています。カーディフの街のいたるところで赤い竜を見ることができます。

 

 

Welsh Dragon

出典:当サイト撮影

図:Welsh Dragon

 

アイルランド、スコットランドってどんなところ?

当サイトはまだアイルランド、スコットランドの取材ができておりませんので、Twitterからアイルランドとスコットランドの様子を紹介します。今後、当サイトは、アイルランドとスコットランドの取材を行いますので、随時アイルランドとスコットランドの情報を発信していきます。

また、当サイトはイギリスの情報を提供できるライターを募集しております。

 

 

 

アイルランドの首都ダブリンの様子

 

 

 

スコットランドの首都エディンバラの様子

 

 

 

 

ラグビーW杯の見逃し配信・再放送はDAZNのサービスがおすすめ

ラグビーワールドカップの見逃し配信や再放送は、DAZNのVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスがオススメです。DAZNは、ラグビーワールドカップ2019 日本大会の全48試合をハイライト配信します。

そして、VODの無料期間をうまく活用しましょう!

DAZNのサービスは、無料期間内に解約すれば料金はかかりません。VODの無料期間をうまく活用してラグビーW杯を楽しみましょう。

 

ラグビーW杯:DAZNのサービス内容
  1. DAZN: 全48試合をハイライト配信

 

あおねこ
あおねこ

無料期間内に解約すれば料金はかかりません。

 

 

 

スポーツ
aonekoをフォローする
あおねこ部