冬こそ注意 ドライスキンの対策方法

スポンサーリンク

冬こそ注意 ドライスキンの対策方法

空気が乾燥する冬は肌のトラブルが起こりやすいです。中でもドライスキン(Dry Skin)と呼ばれる状態になった場合、適切なケアをしないで放置をしてしまうと、深刻な事態を招きかねないといわれております。そこで原因と対策についてまとめてみました。

※本記事の一部は、読売新聞の記事(2019.2.17)を参照して作成しております。また、読売新聞の記事内の藤田医科大学 医学部 松永佳世子医師の解説・説明も一部参考にして作成しております。

 

ドライスキンとは?

“皮膚の最も外側にある角層の水分量が低下した状態を「ドライスキン」といいます。細胞と細胞の間に隙間ができるなどして、本来のバリア機能が破壊しているため、科学物質やたんぱく質などのアレルギー物質が浸透しやすくなり、炎症を起こしたり、かゆみを感じたりします”

 

あおねこ
あおねこ

なるほど。ドライスキンの概要が分かりました。

気温と湿度が低下する冬場は、ドライスキンのリスクが高まる季節なので注意が必要ですね。

 

あと、汗をかきにくくなる上に、皮膚から多くの水分が蒸発していくので、衣服に覆われていない顔や手などが非常に乾燥しやすくなります。

 

出典:読売新聞のイラストを基に筆者が加工編集

ドライスキンのイメージ図

 

 

摩擦を受けやすいセーターなどを着る際は、皮膚にダメージをもたらす原因になる可能性があるので、注意しましょう。

 

あおねこ
あおねこ

承知しました。

ドライスキンに悩ませられている人は、家事や育児で大きな役割を担う女性や手洗いや水仕事をする機会の多い美容師や調理師、看護士などが多いと聞いたことがあります。

 

よくご存知ですね。

そのような方々は、日常的に脱脂や摩擦を繰り返すので、ドライスキンから「手荒れ」や「手湿疹」へと進行してしまうことも少なくありません。

 

あおねこ
あおねこ

乾燥と摩擦が肌の大敵ですね。

 

ドライスキンの対策は2つある

ドライスキンの対策は2つあります。

 

まず1つ目は、室内の加湿を心がけましょう。

 

あおねこ
あおねこ

室内の加湿大事ですよね。

あおねこはコストパフォーマンスは良いので、以下の加湿器を使ってます。

 

 

あおねこさん、ちゃっかり宣伝してますね。笑

部屋の加湿ですが、理想的な湿度は50%前後と言われてます。

最低でも湿度は40%を保つようにしてください。

室内に湿度計を置いてこまめにチェックしておくとよいでしょう。

 

あおねこ
あおねこ

承知しました。

先生、湿度計はお手頃な価格でこんなものが売ってましたよ。

 

 

あおねこさん、宣伝どうもありがとう。。

さて、2つ目の対策ですが、保湿ケアをしましょう。

特に水分が失われやすい入浴後は、なるべく早く、全身の保湿ケアが大切です。

 

あおねこ
あおねこ

承知しました。

あおねこはロクシタンの保湿クリームを使用してます。

以前違うメーカーのオイルを使っていたら乾燥がひどくなってしまいましたが、再びこのクリームに戻したらカサカサが落ち着きました。肌のモチモチ感が他のメーカーのものとは全然違います。保湿クリームは写真の一番右側の瓶に入っているものです。

ハンドクリーム(写真右から2番目)もドライスキン予防には欠かせません。

 

出典:当サイト

愛用しているロクシタングッズ

 

あおねこさん、宣伝ありがとうね。

ロクシタンの保湿クリームは、私も使っているわ。肌に乗せてのばすと、みるみるとろけて、しっかり潤うのが気に入ってるのよね。



【番外編】海外でも保湿ケアは大切?

あおねこは海外出張が多いのですが、中東などは湿度が30%を下回ることが多く、また、飛行機の中も湿度が20%以下なので、肌がカピカピになることが多いです。

先に宣伝いたしました「ロクシタングッズ」を買い込んで出張に行きます。

ロクシタンの保湿クリームは充分潤いますので、何度もリピートしてます。オススメです。

 



健康
Aonekoをフォローする
Aoneko Lab