在宅勤務時のワークスペースの作り方

ワークスペースのパソコンと珈琲

スポンサーリンク

自宅のリモートワーク環境の作り方

こんにちは!リモートワーカーのAoneko( @blue_cats03)です。今回は在宅勤務時のワークスペースの作り方を紹介します。

 

 

自宅の中のどこで働くかを決める

まず、家のどの場所で働くかを決めましょう。厚生労働省の「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」が参考になります。

公式サイト: 【厚生労働省】情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン

 

作業部屋のスペースは10㎡以上の空間にしましょう

作業部屋のスペースの目安は10㎡以上です。デスクなどの家具を除いて約2畳ほどの空間であれば、息が詰まることがなく、快適に作業できるでしょう。

 

開放的なワークスペース

写真: 開放的なワークスペース

 

窓のある部屋を選びましょう

換気の意味でも明るさの意味でも、窓のある部屋を作業スペースにしましょう。特に自然光が入ってくる部屋にデスクを置くのがオススメです。部屋全体も明るくなりますし、気分転換に窓の外を見て目を休ませることもできます。

定期的に部屋を換気して新鮮な空気を入れる

狭く閉め切った部屋でずっと仕事をしていると、眠くなったり、頭が痛くなったりして、集中力が途切れてしまいます。その理由は、単に疲れただけではなくて、二酸化炭素濃度が高まっているからかもしれません。

朝から集中して仕事をしてきて、いったん集中が途切れてきたなというタイミングがあれば、窓を開けて空気を入れ換えてみてください。換気をするだけで二酸化炭素濃度が一気に下がります。

二酸化炭素濃度が高まっているのに気づくのは難しいため、気になる方は「CO2モニター」を活用してみてください。

co2モニター

写真: CUSTOM CO2モニター CO2MINI

 

あおねこ
あおねこ

CO2モニターを見ながらテレワークをしてみましたが、1500ppmに近づくと一気に集中力が無くなり、換気すると5分程度で500ppm近くまで下がりました。するとほんとにすぐ集中力が戻ります。

 

 

関連記事: リモートワークでの集中のコツ!窓を開けて換気をしよう

リモートワークでの集中のコツ!窓を開けて換気をしよう
集中しやすい空間作りのポイントは「新鮮な空気」にあり!二酸化炭素濃度が高まると集中力が低下します。窓を開けて換気をしましょう。サーキュレーターで室内の空気を外に出すと効率良く換気できます。空気清浄機・加湿器・除湿機の活用もお勧めです。

 

室温は17℃~28℃、湿度は40%~70%

温湿度計を見つつ、室温は17℃~28℃、湿度は40%~70%になるようにエアコンや加湿器で調整しましょう。

関連記事: 冬の乾燥と風邪対策に高機能加湿器

冬の乾燥と風邪対策に高機能加湿器
【最新の高機能加湿器ベスト3】ダイニチ ハイブリッド式加湿器 HD-LX1220、 cado(カドー) STEM630i、 シャープ HV-L75、パナソニック FE-KXT07の4商品を比較検証。超音波式、スチーム式、気化式、ハイブリッド式の長所と短所。

 

 

机上とディスプレイの明るさ

ディスプレイ画面の明るさ、書類及びキーボード面における明るさと周辺の明るさの差はなるべく小さくしましょう。

目安としては、ディスプレイ上の文字も、デスクの上に置いた紙に印刷された文字も同じく明るくハッキリ見るように意識するのがよいでしょう。
画面の明るさについてはディスプレイの設定で明るすぎないように設定しましょう。デスク上の明るさについては蛍光灯の明るさで足りない、または位置的に影ができないようであればデスクライトを併用しましょう。

 

キーボードとディスプレイは分離して位置を調整する

キーボードとディスプレイは分離して位置を調整しましょう。ノートパソコンユーザーであっても、もし余裕があれば、ディスプレイ、キーボード&マウスは外付けにすることで、位置の調整がやりやすくなります。

 

ワークスペースのパソコンと珈琲

写真: 外付けのキーボードとマウスを使用した例

 

 

ペーパレス化を進めよう

自宅に大量の書類を保管するのは、スペースの面でもセキュリティの面でも望ましくありません。リモート環境で発生する書類は、デジタル化して保存し、用事が終わったら破棄しましょう。

営業やマーケティングの担当であれば、製品資料やカタログ、パンフレット、ノベルティ、サンプル製品といった紙やアイテムを自宅保管しているかもしれません。これらが無限に増えないように、専門の箱を決めてその要領を超えないようにするとよいでしょう。

 

リモートワークまとめ記事

在宅勤務での時間の使い方、作業環境の整え方、気分転換、健康管理、家族とのコミュニケーションなど、在宅勤務に役立つ情報をまとめた記事です。

関連記事: リモートワークまとめ記事

リモートワークまとめ記事
テレワーク関連の記事を一覧リストにしました。在宅勤務での時間の使い方、集中の仕方、作業環境の整え方、気分転換、健康管理、家族とのコミュニケーションなど、在宅勤務に役立つ情報をまとめました。リモートワークのノウハウをチェックしてみてください。

 

 

人気の転職エージェント当サイトの申し込みランキング ベスト3

外資系やグローバル企業などのハイクラス転職ならJAC Recruitment

JAC Recruitmentの転職先

親会社が英国にあることもあり、外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JAC Recruitment」です。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須です。

公式サイト: JAC Recruitment

 

       【総合評価】5.0

JAC Recruitment

✔この転職サイトの特徴
独自のグローバルネットワークを持っており世界10カ国に拠点があります。そのため外資系やグローバル企業の転職には強く、キャリアアップでハイクラスな転職を狙うならオススメの転職エージェントです。

  • 得意な業界: 外資系企業、グローバル企業、マネジメント、専門職など
  • 対応エリア:全国
  • ココが魅力:キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須です。

 

 

2位:DYM就職

【総合評価】4.5

DYM

 

✔この転職サイトの特徴
【稼げる求人】でお馴染みのDYMは、既卒やフリーターなどの未経験に強く、非常に高い就職率を誇るエージェントです。プロの正社員就職サポートが魅力で、大手優良企業の正社員を目指す方は登録必須です。

  • 得意な業界: IT、営業、エンジニア、管理・専門系など
  • 対応エリア:全国
  • ココが魅力:第二新卒、既卒、フリーターの就職がとにかく強く、正社員へのサポートも充実しています。稼げる企業をプロのスタッフが紹介してくれます。

 

 

       【総合評価】4.5

マイナビジョブ

マイナビ

✔この転職サイトの特徴
マイナビジョブは、20代・第二新卒・既卒に特化した転職エージェントで、専任カウンセラーによる個別カウンセリングが充実しています。

  • 得意な業界: 医薬・製薬、IT業界、電気・機械他多数
  • 対応エリア:全国
  • ココが魅力:マイナビグループの豊富なノウハウを活かし、ニーズに沿った最適なマッチングを実現してくれるエージェントです。

 

ビジネス
Aonekoをフォローする
Aoneko Lab