イギリスMBA合格者によるインタビュー対策方法の紹介

ケンブリッジ大学, キングスカレッジ

イギリスMBA合格者によるインタビュー対策方法の紹介

筆者は、2019年1月からイギリスのMBA留学の準備をして、2019年3月末に出願した大学2校から合格(Offer)をいただきました。

出願した大学2校はいずれもインタビューの試験がありました。

イギリスのMBA留学を検討している方や、既に出願してインタビュー対策をされている方の参考になればと思い、今回、「イギリスMBA合格者によるインタビュー対策方法」を本記事に掲載することにしました。

 

※イギリスMBAのインタビュー対策のより詳しい解説は有料コンテンツになります。

 

イギリスMBAインタビュー対策 note

 

有料コンテンツの「イギリスMBA合格者によるインタビュー対策のすべて」では、本ブログの内容をより具体的に解説しております。こちらも合わせてお読みいただけますと幸いです。

 

MBAに進学する目的を改めて整理

あなたは、どうしてMBAに進学したいのでしょうか?

その目的をしっかりと内省して、理路整然と相手に語れるようにしましょう。

筆者は、徹底して、自分と向き合い、自分が人生を懸けて何をしたいかを見極める分析をしました。

自分に関して、具体的なことも抽象的なことも、何を聞かれても即答できると自信を持てます。あらゆる方向から自分というものを洗い直しましょう。

 

これらの自己内省を深める作業は「日本語」の思考で考えて問題ありません。

自分がMBAにて何を学び、卒業後、何をしたいのかを示すことができたら、それを英語の言語で説明できるように訓練をしていきます。

 

瞬発的な思考力を磨きましょう

インタビューの際、瞬発的に相手が求める回答(回答は1つではないですが、相手が納得できる回答)を瞬時に応える練習をしましょう。

まずは、リアルタイムで相手の顔色や声のトーンを察知する練習をしましょう。これは英語でなくてもできます。家族や職場の方と接する際に少し視点を変えて、相手の機微を察する練習をしましょう。

この訓練を重ねることで、インタビュー時に、相手がどのような関心があるのかを瞬時に判断できるようになり、それによって、こちらの返答や意見の出し方を変えることができます。

 

この訓練を積んでいくと、2、3手ぐらい先を読めるようになり、インタビュー時、余裕を持って受け答えができるようになります。

相手が何を言ってくるかを、高速かつ綿密に先んじてシュミレーションをする練習をしましょう。

 

英語での瞬発的な思考力には、とにかく英語を話すことです。筆者はオンラインのBest Teacherにて英語を話す習慣をつけました。その結果、英語での瞬発的な思考力が身に付きました。

また、Skypeでのインタビューは、対面インタビューよりもコミュニケーションをとることが難しいため、オンライン英会話での練習が大いに役立ちました。


MBAインタビュー対策にはBest Teacher

自分が話したいことが明確ならベストティーチャー(Best Teacher)

 

想定問答集の作成

インタビューを受ける前には、必ず想定問答集を作成しましょう。

予め質問される内容は予測できるので、想定した質問内容に対して的確に答えれる練習をすることで、発言の一貫性を保つことができます。

 

志望する大学のMBAのプログラムを確認

大学側は当然のことながら受験生がその大学のMBAプログラムの内容を理解しているという前提で質問をしてきます。

そのため、出願した大学の 1)基本情報、2) 特徴、3) 教育理念等を整理して覚えておく必要があります。

志望する大学のホームページは、くまなく確認して、情報収集を徹底して行いましょう。

 

興味のあるカリキュラムをピックアップ

志望する大学のホームページを確認する際、興味の持てるカリキュラムをピックアップしておきましょう。

例えば、面接中に、「ファイナンスやマーケティングに特化した、○○のカリキュラムに興味を持ち、このカリキュラムを通じて、○○したいです。」などと、具体的に返答できるようにしておくと、面接官に好印象を与えることができるかと思います。

このような具体的な回答リソースをできる限り多くストックしておきましょう。

 

卒業生の進路を確認

大学のホームページや、FacbookやLinkedInなどのSNSを活用して、志望する大学のMBA出身者がどのような分野で活躍しているかを調べましょう。

インタビューでは、「なぜうちの大学のMBAを志望するのか?」といった質問は頻繁に聞かれます(筆者の場合、受験した2校のうち両方ともこの質問がありました)。

卒業生のキャリアを理解しておくと、具体的に将来の目標を卒業生の事例を踏まえた上で説明できるため、説得力が増します。

試験官も具体的な返答を受けることで、受験生の目標が明確になり、印象が良くなると思います。

 

想定問答集をエクセルで作成

筆者は、想定問答集をエクセルで作成しました。受験した2校のうち、この想定問答集から出題された質問事項は8割ほどでした。恐るべし、想定問答集です。事前に準備していた内容をペラペラと話すだけなので、余裕を持って対応することができました。

自分が作成した返答案は、事前にBest Teacherにて添削して貰っていたので、自信を持って返答することができました。

WritingとSpeakingを両方学びたいならベストティーチャー(Best Teacher)

 

出典:筆者作成

図:筆者が作成した想定問答の一部

 

インタビュー中の心得

大学側は、志望動機や履歴書ではわからない点をインタビューにて評価しようとします。

例えば、1) 人間性、2) 論理的思考能力、3) 表現力、4) コミュニケーション能力等です。

インタビュー中はしっかりと「人間力」があることを証明できるように普段の生活から上記の4点等を意識して行動すると良いかと思います。

 

人と話す練習を積み重ねることで、1) 人間性、2) 論理的思考能力、3) 表現力、4) コミュニケーション能力は磨かれます。

筆者は、友人をファミレスに呼び出して面接の練習に付き合ってもらったり、同じMBAの受験生と連絡を取り合い、面接の練習をしました。

「考えて、行動して、失敗して、改善して」といったトライ&エラーのサイクルを繰り返し行いました。

 

トライ&エラーの概念図

出典:筆者作成

図:トライ&エラーの概念図

 

インタビュー時はフォーマルな服装にすること

筆者は、日本時間の深夜に自宅にてSkypeを繋ぎ、インタビューを受けました。

仕事帰りのクタクタな状態でしたが、服装は面接官の評価に大きな影響を与える要素ですので、ジャケットにネクタイといったフォーマルな服装にしました。

インタビューを受ける際、フォーマルな服装にしましょう。

 

Skype機材の準備

上述したとおり、筆者は志望した大学の2校ともインタビューは、Skypeで行われました。

試験官の印象を良くするため、Skypeのビデオ通話に適した、マイク内蔵のWEBカメラ(高画質ウェブカメラ 内蔵マイク skype会議用)を購入しました。

 

 

高画質ウェブカメラ 内蔵マイク skype会議用

高画質ウェブカメラ 内蔵マイク skype会議用

 

 

あおねこ
あおねこ

音質が良く、試験管の質問の内容をクリアに聞けた点がよかったです。

Micro USBケーブルで接続するだけで音声、マイクが接続されます。電池の持ちもよく30分程度のインタビュー試験では全く問題ありません。

 

また、Skypeでのインタビューは、対面インタビューよりも高度なリスニング能力が問われます。可能な限り音質の良い機材を準備することをお勧めします。

 

インタビュー中わからないことは聞き返すこと

インタビュー中、聞き取れなかったり、理解できなかった内容は、しっかりと聞き返しましょう。

適当に応えてしまうことが一番よくないので、その点は注意してください。

リスニングがあまり得意でない場合は、予め、「ゆっくり、はっきり話していただけないでしょうか?」とお願いしましょう。

こちらが答える際は、丁寧にはっきりとした口調で返答しましょう。しっかりと自信のある態度で返答することも忘れずに。

 

インタビュー終了後はお礼のメール送付を忘れずに

インタビューを終えたら、面接官に感謝の気持ちを述べましょう。そして当日中にお礼のメールを送付しましょう。

感謝の気持ちを述べた上で、自分が当然合格することを前提に、「本大学のMBAに入学した曉には、コレコレを大学にて貢献できますよ。」と、言ったような内容を記載しましょう。

 

早い段階からの準備が合格の秘訣

インタビューの準備・対策は余裕をもって行いましょう。

大学の情報収集や想定問答集の作成等は思った以上に時間を要します。余裕をもって早い段階からインタビューの準備をすることで、合格に一歩近づきます。

 

有料コンテンツ

イギリスMBAのインタビュー対策のより詳しい解説は有料コンテンツになります。

 

有料コンテンツの目次

イギリスMBA合格者によるインタビュー対策のすべて

note目次: イギリスMBA合格者によるインタビュー対策のすべて

 

 

イギリスMBAインタビュー対策 note

 

 

有料コンテンツの「イギリスMBA合格者によるインタビュー対策のすべて」では、本ブログの内容をより具体的に解説しております。

 

例えば、以下の内容が記載されています。

「インタビュー試験前に準備すべき事項」

「質問リストの詳細」

「想定問答集の作り方」

「インタビューの回答を考える際のコツ」

「インタビュー試験の際に実際に質問された内容」

「インタビュー試験を経験した上での所感(アドバイス)」

「奨学金を獲得できた秘訣」

「奨学金をいくら獲得したか」等々

 

終わりに

また、筆者が3ヶ月でイギリスの大学2校(MBAコース)からOffer(合格)を貰った方法を以下の記事に記載してます。短期間で合格をもぎ取ったノウハウを記載していますので、コチラも読んいただけますと幸いです。

 

3ヶ月でイギリスのMBAに合格した方法
イギリスMBAに合格したブログ運営者(あおねこ)が、わずか3ヶ月という短期でMBAに合格した方法を紹介。情報収集の方法、出願準備スケジュール、IELTS対策、志望動機書、 履歴書、 推薦状、インタビュー対策等を詳しく解説。

 

留学
aonekoをフォローする
あおねこ部