バース大学留学記

university of bath

university of bath

スポンサーリンク

University of Bath(バース大学)の留学情報

こんにちは! Aoneko( @blue_cats03)です。

今回はバース大学の留学情報を発信します。

バース大学のMBAに留学しているYoさんから留学体験記が届きました!

 

Yoさん
Yoさん

バース大学に留学中のYoと申します。バース大学の情報を発信します!

 

あおねこ
あおねこ

Yoさん、貴重な情報をありがとうございます。

そして編集作業が大変遅くなり、掲載までに時間がすご~くかかってしまい、誠に申し訳ございませんでした(>_<)

 

バース大学の概要

バース大学は、ロンドンから電車で1時間半、バスで約3時間、人口は年々増加しており、現在10万人程度の程よく田舎という街です。

バース大学の留学生ですが、だんだんと日本人の間で知名度が広まってきているようで、今年(2019~2020年)は、交換留学などを合わせて大学院に日本人は20名ほどいます。

 

Yoさん
Yoさん

学部にも数名日本人がいるようなので、結構日本人がいますね!

 

バース大学は、1966年に創立され、キャンパスは200エーカーと大規模です。また、バースの街全体が世界遺産に指定されており、バースの街を見下ろす緑豊かな公園地に大学があります。

 

バース大学のキャンパス

バース大学のキャンパスの特徴は、キャンパス中央に"Lake"があることです。ここは大学の憩いの場所として、天気の良い日は池の周りで学生がのんびりと過ごしています。

 

university of bath_lake

出典:Yoさん撮影

バース大学のキャンパスを象徴する池

 

university of bath_campus

出典:Yoさん撮影

Lake周辺に学生が集まる様子

 

Yoさん
Yoさん

こんな光景は、なかなか日本の大学ではないかも。

 

あおねこ
あおねこ

開放的でうらやましいです!

 

バース大学の図書館

バース大学の図書館は24時間開放されているので、いつでも好きなときに利用することができます。開館・閉館時間を気にせずに勉学に打ち込むことができます。

 

university of bath_library

出典:Yoさん撮影

バース大学の図書館

 

Yoさん
Yoさん

バース大学の図書館は24時間開放していますがとても安全です。

その理由は、後ほど!

 

バース大学のグッズ・アイテム

次に大学関連グッズを紹介します。Bathというだけあって、お風呂にゆかりのあるグッズがたくさんあります。海外の大学はグッズにも力を入れていて、デザイン、アイテム共におしゃれです。

 

university of bath, item bear

出典:Yoさん撮影

バース大学のグッズ

 

あおねこ
あおねこ

かわいいグッズが沢山あるんですね!

 

Yoさん
Yoさん

天然温泉の街 Bathというだけあって、大学のバスローブアイテムは大人気で即完売という状況でした。

 

バース大学の通学路

バース大学は、中心市街地であるバースシティの丘の上にあり、通称スカイラインと呼ばれる景色が有名です。このスカイラインを楽しみながら通学しています。

本当に眺めが綺麗で、学校であった辛いことや宿題きついなって落ち込んでいてもこの景色を見て、深呼吸するだけで気分がスッキリして、もう一踏ん張りしようって思えるほどです。

 

university of bath_school route

出典:Yoさん撮影

バース大学の通学路

 

university of bath_school route_2

出典:Yoさん撮影

バース大学の通学路(通称スカイライン)

 

Yoさん
Yoさん

小学校の頃に地理の教科書で見た水路も見ることができます。

 

university of bath_school route_waterway

出典:Yoさん撮影

バース大学の通学路にある水路

 

Yoさん
Yoさん

夕方は、こんな感じです。

街全体が世界遺産というだけあって、本当に綺麗です。

 

bath city

出典:Yoさん撮影

バースの街並み

 

学校から寮まで4キロほどありますが、こんな綺麗な景色の連続なので全く飽きません。

最初の頃は行き帰り歩いて大学に行っていましたが、流石にMBAが本格的に始まり、行きだけはバス通学に切り替えました。帰りは引き続き気分転換がてら歩いて帰っています。

 

バースの街の様子と治安

バースの街は、観光客に慣れているので、店の店員も拙い英語でも丁寧に対応してくれます。また、PUBでは地元の人がフランクに話かけてきたりと海外生活を楽しめる街です。

街の建物は、Bath石というこの地域特有の卵色の石を使っているため統一があり、ザ・ヨーロッパの街という感じです。

定期的に情報交換を兼ねてPUBに繰り出しますが、みんな口を揃えて言うのは、「Bathは住み易い!」ということです。家族で来ている方も安心して、奥さんと子供と暮らせると言っています。

海外留学となると治安、留学資金、生活の違いなど超えなければならないハードルが数多くあります。その点バースは、治安と生活の違いによるストレスは比較的低い街なので、勉強に集中できる環境としてオススメです。

 

Yoさん
Yoさん

全英でも治安の良さは1、2位を争う程。非常に治安が良くて住みやすいです!

 

バースの生活(衣食住)

衣食住に関しては、基本的にこの街にいるだけで事足ります。

服は、H&MやZARAなどのファストファッションが中心市街地にあります。服や食事でバラエティを求めるのであれば、ブリストルまで電車で20分程で行けます。

食べ物は、大型スーパー(COSTA、sanibury’sなど)が駅近くにあります。また、観光地なので駅周辺に(タイ、中華、PUBなど)レストランも豊富にあります。

住居に関しては、治安もよく、景観も良いということもあり、リタイヤされた年配の方やお金持ちの方が住まれているようで、東京の23区と変わらない家賃です。一軒6,000万円以上の物件がごろごろしています。

 

あおねこ
あおねこ

バースの地価って高いんですね!知らなかったです!

 

Yoさん
Yoさん

そうなんです。日本で言う田園調布、芦屋のようなエリアですね!

 

bath city

出典:Yoさん撮影

バース市内の街並み

 

この街には、以前(今はどうかわかりませんが)なんと映画俳優のジョニーデップ、ニコラスケイジが住んでいたそうです。景色がよく、治安も良いため他にも多くのセレブリティが住んでいるそうです。

 

あおねこ
あおねこ

ザ・セレブが住む街なんですね!

 

バースは治安が良いので、(基本的には避けた方が良いですが)夜遅くなっても安心して出歩けます。なので、大学の図書館が24時間開いているのも納得な治安の良さです。

そんなわけで、金曜、土曜の夜は学生が街に繰り出して大騒ぎです。笑

 

あおねこ
あおねこ

楽しそうなキャンパスライフですね!

うらやましいです!

 

バースはラグビー発祥の地?

バースは、ラグビー発祥の地ということもあり、ラグビーがとても人気です。子供も大人も皆んでワイワイしながら観戦しています。Bathのグラウンドは、観客席と距離が近いということもあり、迫力満点です。

 

bath rugby

出典:Yoさん撮影

バースでラグビー観戦

 

Yoさん
Yoさん

時間があれば、ビールを飲みながら、ラグビー観戦をします。

 

bath rugby2

出典:Yoさん撮影

バースでラグビー観戦

 

ゴールと観客席がこんなに近い。。

この環境だと敵チームの選手もフリーキックやりづらいだろうなぁと思います。笑

半端ないプレッシャーです。笑

 

 

あおねこ
あおねこ

Yoさんの留学ライフ、とても充実しているように感じました。MBAのカリキュラムは過酷だと思いますが、メリハリをつけて留学生活を楽しんでください!ご寄稿いただき、ありがとうございました!

 

 

イギリス留学の執筆者を募集してます

当サイトの執筆者を現在募集しております。

 

Recruitment

 

イギリスにこれから住まれる・留学される・旅行に来られる日本人のための役立つ情報がまだまだ少ないため、イギリスにて役立つ情報を当サイトから発信しております。

イギリス在住で情報を発信できる方や、当サイトに記事を寄稿しても「いいよ!」という方は、お問い合わせフォームご連絡ください。ご送信いただいた後、迅速にご返答させていただきます。

留学
Aonekoをフォローする
Aoneko Lab