仮想通貨・電子マネー・ポイントの違い

サブスクおすすめ
\プライム会員なら追加料金なし!/

PC_Virtual currency

スポンサーリンク

仮想通貨・電子マネー・ポイントの違いをわかりやすく解説

こんにちは!ブロックチェーンに詳しいAoneko( @blue_cats03)です。今回は仮想通貨・電子マネー・ポイントの違いをわかりやすく解説します。

 

 

仮想通貨の特徴

仮想通貨は、ビットコインやイーサリアムなど、ブロックチェーンを使って電子的に実現したお金です。日本では資金決済法により「暗号資産」として定義されています。

通貨なので、個人や企業での取引にも使われます。

公式サイト: 資金決済に関する法律 | e-Gov法令

 

電子マネーの特徴

電子マネーは、SuicaやWAONなど、企業が発行する電子的なお金のことで、対応する店舗でないと使えず、払い戻し以外での現金化ができません。日本では資金決済法により「前払式支払手段」と定義されています。

公式サイト: 資金決済に関する法律 | e-Gov法令

 

ポイントの特徴

ポイントは、Tポイントやnanacoポイントなど、企業がサービス提供の一環で自由に発行できます。電子マネーに似ていますが、ポイントは現金で購入することができないので、「前払式支払手段」には当たりません。

 

仮想通貨・電子マネー・ポイントの違いと特徴のまとめ

  1. 仮想通貨と電子マネーは資金決済法で定義されています。仮想通貨の正式名称は「暗号通貨」で必ずしもブロックチェーンを使っている必要はありません。
  2. 電子マネーは払い戻し以外で現金化することができないのも、仮想通貨との違いのひとつです。電子マネーの正式名称は「前払式支払手段」です。
  3. 仮想通貨はお互いに価値を認めた企業や個人同士であれば、取引に使うことができます。

 

【関連書籍】仮想通貨やデジタルマネーを学べる本

いま知っておきたい「みらいのお金」の話』は、仮想通貨・電子マネー・ポイント・キャッシュの違いをわかりやすく解説した書籍です。仮想通貨やデジタルマネーを体系的に理解することができます。

 

あおねこ
あおねこ

複雑な内容をわかりやすく解説しています。

 

 

ブロックチェーン関連記事

日本ではまだまだブロックチェーン技術者が少ないため、ブロックチェーンのスキルを身につけることができれば、希少価値が高く、大きなチャンスを得ることができます

関連記事: これから稼げる職業はブロックチェーンである

これから稼げる職業はブロックチェーンである
ブロックチェーン(Blockchain)技術者になれば将来安泰です。日本はブロックチェーン・エンジニアが少なく、このスキルを身につければ、市場価値は高くなります。スマートコントラクトの開発までできれば年収1000以上も夢ではありません。

 

スマートコントラクトやDAppsに広く使われるEthereumについて解説した記事です。

関連記事: 【Ethereum】スマートコントラクトとDAppsを解説

【Ethereum】スマートコントラクトとDAppsを解説
スマートコントラクトやDAppsに広く使われるイーサリアムが凄い!スマートコントラクトやDAppsで広く活用されているEthereumを使ったサービスやネットワーク情報を提供しているEtherscanは、様々な情報が公開されています。

 

政府・民間一体となった試みで「ブロックチェーン国家」になったエストニア政府のブロックチェーン戦略の記事です。

関連記事: エストニア政府のブロックチェーン戦略

エストニア政府のブロックチェーン戦略
ブロックチェーンをいち早く導入したエストニア政府は電子政府(デジタル・ガバナンス)として注目されています。銀行口座を持てたり、会社をつくったりできるe-Residencyの制度が魅力的です。エストニア内で法人設立などビジネス拡大も可能です。

 

ブロックチェーン技術を取得できる場所

TechAcademyは、ブロックチェーンを基礎から学べ、スマートコントラクトの開発までできるプログラムになっています。

知識ゼロからでもブロックチェーン技術を取得できるようになっております。

 

あおねこ
あおねこ

今後の将来を考えて、TechAcademyでブロックチェーンのスキルを取得して、転職活動をするという方法もありだと思います。

 

TechAcademyのブロックチェーン・コース

TechAcademyでブロックチェーンを学ぶ場合、ブロックチェーン・コースと、スマートコントラクト・コースがあります。

TechAcademy ブロックチェーン・コースは、1) ブロックチェーンの仕組み、2) ウォレットの仕組み、3) ブロックチェーンのセキュリティなどを体系的に身につけることができます。

公式サイト1: TechAcademy【ブロックチェーン・コース】

 

TechAcademy スマートコントラクト・コースは、ブロックチェーン技術を学び、スマートコントラクトを開発するプログラムです。Solidityという言語を使ってブロックチェーン上で動作するアプリケーションを開発します。

公式サイト2: TechAcademy 【スマートコントラクト・コース】

 

あおねこ
あおねこ

転職を視野に入れている方は、スマートコントラクト開発までのスキルがあると転職活動がスムーズになるでしょう。

 

独学でブロックチェーンを学ぶ人にオススメしたい書籍

これから独学でブロックチェーンを学ぼうとされている方にお勧めしたい書籍を2冊ピックアップしました。

 

あおねこ
あおねこ

まずはこの2冊を精読しましょう。

 

いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み』は、ビットコインやブロックチェーンの全体像を理解し、裏側の仕組みが理解できる書籍です。

 

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門』は、ビットコインやブロックチェーンの全体像を理解し、ブロックチェーン技術を用いた開発スキルが身につく書籍です。