【聖の青春】実話小説の感想とあらすじ

サブスクおすすめ
\プライム会員なら追加料金なし!/
小説『聖の青春』

写真: 小説『聖の青春』, 出典: 当サイト撮影

スポンサーリンク

【レビューブログ】村山聖の生き様に感動!『聖の青春』を読んだ感想や概要など

こんにちは!Aoneko( @blue_cats03)です。今回は、村山聖という大棋士の生涯を綴ったノンフィクション小説『聖の青春』のレビュー記事です。

 

 

聖の青春のあらすじ

本書は村山聖の生涯を描いたノンフィクション小説です。幼少期に重い病(ネフローゼ)を患いながらも将棋に魅入られ、名人の座を目指し、ときに翻弄され、それでも将棋を指し続ける姿に感動せずにはいられませんでした。

また、作者の大崎善生さんの言葉の表現や比喩がとても心地よく、どんどんこの小説に引き込まれていきました。

大崎善生さんの『パイロットフィッシュ』も透明感のある作風でとても好きです。

 

村山聖を支えた森信雄師匠

村山聖の師匠である森信雄は、公私ともに村山聖を支え、ときには聖のためにパンツをも洗います。森先生の言動からは師弟関係を超えた村山聖への無情の愛を感じました。

Wikipedia: 森信雄

 

村山聖を支えた森信雄

写真: 村山聖を支えた森信雄先生, 出典: 日本将棋連盟

 

【東の羽生、西の村山】ライバル羽生善治との関係

若き天才羽生善治がマスコミに「7冠だ!」と騒がれた頃に〈東の羽生、西の村山〉と評された棋士が村山聖です。その強さと見た目から村山聖は〈怪童〉と呼ばれていました。

村山聖の追悼の集会にて羽生善治は以下のように述べています。

村山さんと同時代でともに戦えたことを私は心から光栄に思います。

村山聖と羽生善治の一戦

写真: 村山聖と羽生善治の一戦, 出典: NHK杯テレビ将棋トーナメント

 

【美食家】村山聖

村山聖は赤ワインを好んで飲むなど、美食家なところがあります。『聖の青春』にて、村山聖は病床で父親に食べたいものをお願いするシーンがあります。

吉野家の牛丼がどうしても手に入らずに、ほかの牛丼を持っていったときには父にダメ出しをする人間味に溢れた村山聖の姿が描かれています。

聖の青春』では、ミニヨンのシュークリーム、みっちゃんのお好み焼き、吉野家の牛丼等々、村山聖の食に対するこだわりも垣間見ることができます。

食べログ公式1: ミニヨン

食べログ公式2: お好み焼 みっちゃん総本店

 

村山聖の性格(ブラックジョークとミステリー好きな青年)

村山聖はホテルなどの宿泊施設を予約するときは必ず「川崎のぼる」という偽名を使っていました。読書家の村山聖は推理小説をよく読み、この影響を受けて、実社会にて本名を隠すところがありました。

また、村山聖の血液型はAB型ですが、平成3年の『将棋年鑑』から血液型をAB型からO型に変更しています。

棋士たちの性格判断、相性等を血液型で分類された書籍がありますが、彼をO型として分析され、彼はそれを見て快哉していたようです。

聖の青春』を読むと、ユーモアのあるブラックジョーク好きな村山聖を知ることができます。

 

真っ直ぐな性格

聖の青春』では、村山聖の真っ直ぐで誰とでも公平につきあう姿が書かれています。

A級棋士になっても、村山聖は少しも偉そうにすることはなかった。奨励会員たちとじゃれるように遊び、若手棋士たちとは本音でつきあった。強かろうが弱かろうが置かれた立場がどうであれ村山は誰とでも公平に実直につきあった。

酒を飲めばいつも本音で思っていることをストレートに表現した。たとえそれでその場が険悪になったとしても村山は構わなかった。

真っ直ぐな村山聖の生き方に薫陶を受けた棋士は多く、先輩後輩問わず村山聖を敬愛する人が多かったようです。

 

村山聖は藤沢周平の時代小説が好きだった

村山聖は時代小説も好きで、特に藤沢周平の小説を好んで読んでいたそうです。

藤沢周平の代表作

 

聖の最後の言葉「2七銀」

村山聖は逝く直前、病床の上で棋譜を譜じはじめます。

「8六歩、同歩、8五歩……」

そして、その声は「2七銀」で突然止まります。

村山聖の最後の言葉2七銀

図: 村山聖の最後の言葉「2七銀」, 出典: クロ現, 山本おさむ, 聖(さとし)-天才・羽生が恐れた男

 

このシーンは『聖の青春』でも書かれていますし、ビッグコミックス『聖-天才・羽生が恐れた男』でも描写されています。

 

【聖のこと】村山聖の父(伸一さん)の言葉

聖の青春』の最後は、村山聖の父である伸一さんの回想録が書かれています。父の目から見た村山聖の生き方や哲学に触れることができます。

また、村山聖が生前に残したメモの原文がここでいくつか紹介されています。

人間は悲しみ、苦しむために生まれた。
それが人間の宿命であり、幸せだ。
僕は、死んでも、
もう一度人間に生まれたい。

二十二歳頃に書かれたこのメモは、村山聖が常に〈死〉を意識しながら生きていたことがわかります。

聖のこと(村山伸一)

写真: 聖のこと(村山伸一), 出典: 当サイト撮影

 

村山聖の手記

村山聖が「腎炎・ネフローゼ児」を守る会の機関紙に寄稿した手記が心に刺さったので、一部を掲載させていただきます。『聖の青春』の中でも読むことができます。

「目の前の一局に全力を」は病気も同じ

将棋というゲームは頭の良さを争うゲームではなく、心の強さ、精神力の強さを競うゲームなのです(プロの場合)。負けそう、負けるかもと言った感情は戦いのじゃまなのです。この世界は体が弱いとか年齢がどうとか関係ありません。目の前の一局と全力をつくし負ければまた次の一局に全力をそそぐ。この病気もそういうところがあるように思います。

なぜこんな病気になってしまったのか、自分は運が悪いといった感情は体にも心にもよくありません。もっともっと体に障害のある人は苦しい思いをしているはずです。

人間は常に主観的で、自分自身の痛みでしか他人の痛みを理解できません。ですから体に障害があったり重い病気の人の気持ちを真に理解することはありません。哀れみも同情もありません。常に対等という意識です。

健常者よりたくさんの経験を

ネフローゼということを短所と思うよりも長所と思い、人と違った人生、変わったおもしろい人生が歩める位の気持ちが大切だと思います。私自身も修行時代、もし健康だったらと思う事はありましたが、ない物ねだりをしてもしかたがありません。

もしも健康のままだったら健全な体を感謝する事なく生きていたし、身体障害者の事も遠い異国の人のように感じ、接することなく終わっていたでしょう。

私にとってこの病気は体の一部になりました。もう何十年も走っていません。もう走る事はないでしょう。しかし力いっぱい走る経験より、もっともっとたくさんの経験をこの病気はくれたように思います。

 

 

この手記を読むと、村山聖の病気に対する考えをあらためて知ることができます。

 

村山聖を敬う女流棋士

女流棋士の山根ことみさんは、村山聖に憧れて棋士を目指したそうです。棋譜を並べると、真っ直ぐな村山棋士の気持ちが伝わってくるのだと仰っていました。

Wikipedia: 山根ことみ

 

山根ことみ

写真: 山根ことみ, 出典: 日本将棋連盟

 

【映画】聖の青春

『聖の青春』は映画化もされました。病と闘いながら将棋に全人生を賭け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を観ることができます。

 

あおねこ
あおねこ

師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情など、感動のシーンが多くあります。

 

 

【映画】聖の青春はNetflixで観れる?Amazonプライム・ビデオがお勧めです

映画『聖の青春』をNetflixで観ようとしたところ、作品が見つからなかったので、筆者は「Amazonプライム・ビデオ」で観ました(以前はNetflixでも観れたようです)。

1万本以上の人気映画やドラマ、テレビ番組までもが見放題の「Amazonプライム・ビデオ」は30日間の無料体験が利用できます。

 

 

Kindle unlimited(30日無料)で『聖の青春』を読む

お手持ちのスマホ、タブレット、パソコンでいつでも読むことができる、デジタルな本 Kindle Unlimitedは「30日間の無料体験」が利用できます。今回紹介した『聖の青春』の本もKindle にて読むことができます。

 

 

【公式サイト】Kindle Unlimitedを無料体験する

Kindle Unlimited無料登録

 

あお子
あお子

本当に無料なの?解約できるの?

あおねこ
あおねこ

はい、大丈夫です。

 

Kindle Unlimitedの公式HPにはっきり「30日間無料」と記載されています。追加料金は一切かかりません。無料体験できる方の条件としては、これまでにKindle Unlimitedをご利用いただいたことがない方になります。

これまでにKindle Unlimitedをご利用いただいたことがない方は、無料でお試しいただけます。無料体験期間が終了すると、自動的に月額料金プランの料金が請求されます。
(引用:Amazon公式サイト, Kindle Unlimitedについて)

 

【公式サイト】Kindle Unlimitedを無料体験する

Kindle Unlimited無料登録

 

あおねこ
あおねこ

30日以内に解約すれば料金はかかりません。