鬼滅の日本史を読んだ感想とレビュー

サブスクおすすめ
\プライム会員なら追加料金なし!/
鬼滅の日本史

写真: 鬼滅の日本史

 

スポンサーリンク

【書評レビュー】『鬼滅の日本史』が面白い!(オススメ本)

こんにちは!絶賛、『鬼滅の刃』にハマり中のAoneko( @blue_cats03)です。

今回は、『鬼滅の日本史』を読んだ感想とレビュー記事です。

 

 

 

『鬼滅の日本史』の概要

鬼滅の日本史』は、日本の歴史学者であり、文学博士の小和田哲男氏が監修した書籍で、日本書紀や日本霊異記などの古典に「実話」として登場する鬼が紹介されており、『鬼滅の刃』に登場する鬼との比較が興味深く書かれています。

 

北斎百物語の鬼

図: 北斎百物語の鬼, 出典:『鬼滅の日本史』より著者撮影・加工

 

あおねこ
あおねこ

学術的な内容に加えて、「鬼滅の刃」の物語の解釈がしっかりと書かれているので、楽しく読めます。

 

 

炭治郎が斬った大岩の一刀石

鬼滅の日本史』では、炭治郎が斬った大岩のモデル・一刀石の舞台となった奈良県奈良市柳生町について詳しく記載されています。日本の剣豪「柳生石舟斎」が刀で割ったと伝えられています。

【関連記事】炭治郎が斬った大岩のモデル一刀石の場所は?大岩の一刀石は奈良県の天乃石立神社にある!

【鬼滅の刃】大岩の一刀石は奈良県にある!
鬼滅の刃の炭治郎が斬った大岩一刀石のモデル・舞台は奈良県奈良市柳生町の天乃石立神社(柳生石舟斎が斬った一刀石)です。奈良交通バスのバス停柳生から歩いて行きます。鬼滅ファンの人気スポットで、楽しい聖地巡りができます。

 

一刀石『鬼滅の刃』奈良県奈良市柳生町

写真: 『鬼滅の刃』の舞台となった一刀石(奈良県奈良市柳生町)

 

読者の口コミ・感想・レビュー

鬼滅の日本史』を読んだ読者の感想やレビューを集めてみました。「鬼滅の刃」ファンだけでなく、日本の中世史や明治・大正に興味がある人も楽しめる一冊だと思います。

 

あおねこ
あおねこ

漫画のルーツを追求することが好きな方は楽しく読めるはずです!

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

まだまだ続いている私の「#日本史 ブーム」。 * たまたま本屋さんで出会って思わず手に取ったこちら。 * 「#鬼滅の日本史」 #小和田哲男 #宝島社 * ご存知、#鬼滅の刃 に出てくる鬼をはじめとする登場人物には、モデルがいるものも多く、それらを実際の日本史と絡めながら…という切り口で解説してくれています。 * 鬼滅ファンなら、#鬼滅トリビア 的な感じで読み進められるかと☺️ * いまはまだ中盤までしか読めていませんが、現時点で何よりびっくりしているのが、「鬼の子孫がいまもなお、奈良県に実在している」ということ。 * 気になってしょうがない。 * アノ人のモデルは坂上田村麻呂!とか…🤫! * 読み進めると、いかに鬼滅の刃が丁寧に作り込まれた世界観なのかと驚かされます。 * きっと、私のフォロワーさんには「鬼滅を知らない、見たことない、無理。」という人も少なくない…と思うのですが、 * 私も最初、「あんな血まみれのアニメの何がいいの?」と、なんも知らずとりあえず、嫌悪してました。 * でも、あまりにも子どもたちの熱量がすごいので、ちゃんと子どもたちとその話がしたくて、私はアニメではなく、漫画で読むことに。(血まみれシーンをせめてモノクロで…と。) * 読んでも読んでもひたすら、斬りまくり斬られまくりでただただ残虐😅 * 現在、発売されている22巻まで全部読んでもいまだに残虐😂 * 相変わらず、ただただ斬って斬って斬りまくる。 * でも、なんだろうか。いつのまにか、「いけっ!そう!いま!!」と、心の中で仲間の登場に期待をし、技の成功を祈り、そして仲間の死を悲しんでいる自分が… * こんなにも斬った斬られたの、血まみれの話なのにも関わらず、 * 「鬼滅の刃」は「日本一やさしい鬼退治」というキャッチコピーをつけられている。 * この本にも書かれていたけれど、 この物語が単純な「善と悪」との戦いではなく、鬼の中にある「悪」の闇に光を当て続けようとする、そんな鬼退治の物語だからこその、このキャッチコピーなのだろう。 * そして、こんな本が出るほどに、実に深く、丁寧に作り込まれているからなお一層、 * 多くの人の心を掴んで離さないのかもしれない。 * まもなくはじまる劇場版では、すでに封切り前から大混乱を起こしてるようだけど、 * 落ち着いたら息子と息子の友だちを連れて、私も劇場へ足を運ぼうと思います。 * (たいがいのママは「やだー観たくないー」とのことなので、私が引率😂) * 「まったく興味ないんだけど」という本や分野に手を出すのは、これだから面白いし、やめられない。 * #読書記録 #読書好きの人と繋がりたい #読書

神戸・絵本のある親子のまなびや「チエノワ」植木恭世(@chikamocchi)がシェアした投稿 -

 

Aonekoをフォローする
Aoneko Lab