書評と概要『ハンズ 手の精神史』

サブスクおすすめ
\プライム会員なら追加料金なし!/
ハンズ: 手の精神史

写真: ハンズ 手の精神史, 出典: 当サイト撮影

スポンサーリンク

『ハンズ(HANDS)手の精神史』の感想とレビュー

こんにちは!Aoneko( @blue_cats03)です。今回は『ハンズ 手の精神史』を紹介します。

 

 

本書の概要

ハンズ 手の精神史』は、映画や文学、歴史的事実などを縦横に引用しつつ、「手」の果たしてきた文化的機能について考察を重ねています。

ハンズ 手の精神史』では、「手がその所有者である人間という能動性の主体を表す」とあり、「手」が「主語の器官」であることを示しています。
著者のダリアン・リーダーは、イギリスのラカン派精神分析家であるだけに、手と精神分析の関わりに関するくだりは大変興味深いです。

 

フロイトとラカン

フロイトは分析家が患者の話を聞く際にメモをとることを禁じましたが、その結果、分析家は、傾聴しながら編み物をしていることが多かったといいます。フロイト自身は傾聴する間、宝石の指輪を舐めていたという逸話も紹介されています。一方、ラカンはその晩年、結び目理論のモデルを洗練すべく、常に紐を持ち歩いては至るところで結び目をつくったりほどいたりしていたといいます。フロイトの孫エルンストの有名な「糸巻き遊び」のくだりは、「握ること」に対する「手放すこと」の困難さと重要性が強調されています。

 

身体への回帰

ハンズ 手の精神史』は、技術が「手を忙しくする」ためにあり、それは手が身体表面を刺激することに戻ってしまわない工夫であると述べています。スマートフォンやゲーム機が、手の「身体への回帰」を防ぐために存在するという視点はさまざまな発展可能性を秘めていて興味深いです。

 

『ハンズ 手の精神史』と『精神分析の四基本概念』

ダリアン・リーダーが 依拠する精神分析家のジャック・ラカンが身体にあふれる欲望と関連づけつつ「疎外と分離」について論じた講義録『ジャック・ラカン 精神分析の四基本概念』は、『ハンズ 手の精神史』と併読することで、より理論的な知見を深めることができます。

 

【著者】ダリアン・リーダー

ハンズ 手の精神史』の著者ダリアン・リーダーは、イギリスのラカン派精神分析家であり、ケンブリッジ大学で哲学を学んだ後、パリにて科学史を学ぶ傍ら、精神分析家としての訓練を受けています。現在は、Centre for Freudian Analysis and Research(CFAR)の発起人かつ主要メンバーであり、ローハンプトン大学の名誉教授でもあります。

公式サイト: Centre for Freudian Analysis and Research

Centre for Freudian Analysis and Research
The Centre’s activities include psychoanalytic training, psychoanalytic courses and study groups, a public seminar programme, a clinical service, the annual pub...

 

Kindle unlimited(30日無料)で心理学を読む

お手持ちのスマホ、タブレット、パソコンでいつでも読むことができる、デジタルな本 Kindle Unlimitedは「30日間の無料体験」が利用できます。心理学の本もKindle にて読むことができます。

 

 

【公式サイト】Kindle Unlimitedを無料体験する

Kindle Unlimited無料登録

 

あお子
あお子

本当に無料なの?解約できるの?

あおねこ
あおねこ

はい、大丈夫です。

 

Kindle Unlimitedの公式HPにはっきり「30日間無料」と記載されています。追加料金は一切かかりません。無料体験できる方の条件としては、これまでにKindle Unlimitedをご利用いただいたことがない方になります。

これまでにKindle Unlimitedをご利用いただいたことがない方は、無料でお試しいただけます。無料体験期間が終了すると、自動的に月額料金プランの料金が請求されます。
(引用:Amazon公式サイト, Kindle Unlimitedについて)

 

【公式サイト】Kindle Unlimitedを無料体験する

Kindle Unlimited無料登録

 

あおねこ
あおねこ

30日以内に解約すれば料金はかかりません。