死んでもナンピン買いだけはするな

スポンサーリンク

ナンピン買いは損失拡大の要因になりますので絶対にしてはいけません!

(※今回の記事は、株式投資をはじめたばかりの初心者向けの記事です。)

株式投資をしている方はだれでも損はしたくないと思います。

買値から値下がりした株価に対して「安い」、「将来株価が上昇するだろう」と思って追加で買ってしまうことがあるかもしれません。

これを「ナンピン買い」というのですが、この買い方はリスクが非常に高いのでオススメしません。

 

資金に余裕があり、中長期で少しずつ株を買い足していくといったスタンスをお持ちの方でしたら別ですが、なんとなく安くなっているからといった理由で追加購入するのはNGです。

HUNTER×HUNTERネテロ会長に「そりゃ悪手だろ 、あおねコ」と言われてしまいます。

 

あおねこ
あおねこ

ひえぇぇ。

ナンピン買い。絶対ダメ。

 

「ナンピン買い」が悪手である理由は、ナンピン買いをした後にそこからさらに株価が下落すれば、当初の買いとナンピン買いの双方で含み損が膨らんでしまうからです。

例えば上図のようにナンピン買いを繰り返しても株価の下落が止まらず、損失がますます拡大してしまいます。

ナンピン買いをするくらいならいったん損切りをして、株価が上昇トレンドに転じてから買い直すほうがはるかに安心です。

特に株式投資をはじめたばかりの初心者の方は「また株価が上がるかもしれない」といった根拠のない期待をしてしまいがちですが、これは損失額を大きくしてしまいます。

早めの損切りとナンピン買いをしないことが投資の基本です。

Aonekoをフォローする
Aoneko Lab