会話やスピーチで「えーっと」「あー」をなくす方法

サブスクおすすめ
\プライム会員なら追加料金なし!/
イギリスでフィラーを学ぶワークショップに参加

写真: 英国留学時にフィラーを学ぶ講義に参加, 出典: 当サイト作成

フィラーをコントロールする3要素の概念図

図: フィラーをコントロールする3要素の概念図, 出典: 高津和彦『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』27頁

スポンサーリンク

【えーあー人間からの脱却】フィラー(filler)をなくす方法

こんにちは!Aoneko( @blue_cats03)です。今回は、「あー」「えー」などのフィラー(filler)の癖を改善する方法を紹介します。

 

 

本記事は高津和彦氏の『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』を参考にしております。

スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本

写真: スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本, 出典:

 

「あー」「えーっと」などのフィラー(filler)が出てしまう原因

フィラーが出てしまう原因は、「心(感情・性格)」「思考」「声」が関係しています。これらの3要素をまずは明確に理解することが大切です。

 

フィラーのメカニズム
  • 心(感情・性格):喜怒哀楽、驚き、不安、プレッシャー、羞恥心、あがり症、自己肯定感、引っ込み思案など様々な感情や性格が支配する要素。
  • 思考:自分の意見をまとめたり、話す内容や順番を整理する。また、言うべきこと・言うべきではないことを判断する要素。
  • 声:発声、声量、歯切れの良さ、活舌をコントロールする要素

 

フィラーが出ない状態をつくる

フィラーのメカニズム(「心(感情・性格)」「思考」「声」)を理解したら、次にフィラーが出ない状態を知りましょう。この点を意識すれば、フィラーの癖が改善されるはずです。

 

フィラーが出ない状態
  • 心(感情・性格):平常心を保っている。自信がある。自己肯定感が高い。
  • 思考:話す内容が決まっている。よそ行きの言葉ではなく、自分の言葉で話せる。
  • 声:短く簡潔で歯切れが良い。大きな声が出せる。活舌がいい。

 

それぞれこのような状態になっていると、フィラーが出ることはほとんどありません。完璧は難しいかもしれませんが、フィラーを出さない話し方を手に入れるためには、この状態を目指すことになります。

スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』では、次のような「フィラーをコントロールする3要素の概念図」が示されています。

 

フィラーをコントロールする3要素の概念図

図: フィラーをコントロールする3要素の概念図, 出典: 高津和彦『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』27頁

 

思考のメモリとフィラーの関係

「思考」というのは、いわばパソコンのメモリのようなものです。限られたメモリの中、複数のアプリケーションを立ち上げると脳のメモリをたくさん使ってしまい、時にはフリーズ状態に陥ってしまいます。つまり、フィラーがでるということです。

話すときも、シンプルな思考でサクサクと、「心(感情・性格)」のゆがみが入らないように進めることを意識しましょう。

 

思考と声の関係の概念図

図: 思考と声の関係の概念図, 出典: 高津和彦『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』93頁

 

フィラー改善トレーニング1(鏡前スピーチ)

フィラーのメカニズムを理解したら、次はトレーニングです!『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』では、「鏡前1分間スピーチ練習」というトレーニングが紹介されています。

 

    • STEP1
      良い姿勢
      鏡の前に良い姿勢で立ちます。
    • STEP2
      自分を見る
      自分の目をじっと見続けます。
    • STEP3
      原稿なしでスピーチ
      60秒間原稿なしでスピーチをします。
    • STEP4
      自己分析
      録音したスピーチを聞いて自己分析をします(フィーラーは出ていないか、声は出ているか、内容の筋が通っているかなど)。
    • STEP5
      反復練習
      自分が納得できるレベルまでSTEP1~4を繰り返します。

 

フィラー改善トレーニング「鏡前1分間スピーチ」

図: フィラー改善トレーニング「鏡前1分間スピーチ」, 出典: 高津和彦『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』175頁

 

フィラー改善トレーニング2(身振りのみスピーチ)

相手に物事を伝えるには、身体、表情、口の動きが大切です。手話通訳者の口の開け方、表情のつくり方、身振り手振りなどを学びましょう。

 

    • STEP1
      対象物を用意
      ぬいぐるみなどを自分の目線の高さに置く。
    • STEP2
      対象物を見る
      対象物をじっと見つめます。
    • STEP3
      身振り手振りで伝える
      60秒間、口を動かしながらも声には出さず、身振り手振りだけでぬいぐるみや人形にスピーチの内容を伝えるつもりで身体をうごかす。

 

会話身振り手振りジェスチャー

図: 手だけでさまざまな表情を生み出せる, 出典: 高津和彦『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』191頁

 

英語におけるフィラーの位置づけ

筆者がイギリスの大学に留学していたとき、留学生を対象にした「フィラー(filler)」を学ぶワークショップがありました。ランダムで配られた「フィラー(filler)」の単語・文節にどのような機能があるのかを学ぶことができました。

 

イギリスでフィラーを学ぶワークショップに参加

写真: 英国留学時にフィラーを学ぶ講義に参加, 出典: 当サイト作成

 

「Um Uh」「Well」「I mean」「Let's me see」「OK Then」「What I mean is」などです。

「Um Uh」を除き、ちゃんと意味を持つ英語の単語・文節なので、次の会話のセンテンスを考える際の「間」として使えるということをイギリスで学びました。

一方で、「Um Uh」を多用してしまうとフィラーになります。海外でも「フィラー(filler)」に関する論文や記事は多くあるので、スピーチや会話において多くの人が抱える問題は全国共通だと思いました。

なお、当サイト(Aoneko Lab)はイギリス留学やイギリスライフの情報を多く発信しています。

関連記事1: イギリス留学に関する記事一覧

留学
海外の留学に関するカテゴリーです。海外の大学に入学するまでの道筋や留学生活の情報を発信しております。主にイギリスのビジネススクールの情報をメインとしております。

関連記事2: 3ヶ月でイギリスのMBAに合格した方法

3ヶ月でイギリスのMBAに合格した方法
イギリスMBAに合格したブログ運営者(あおねこ)が、わずか3ヶ月という短期でMBAに合格した方法を紹介。情報収集の方法、出願準備スケジュール、IELTS対策、志望動機書、 履歴書、 推薦状、インタビュー対策等を詳しく解説。

関連記事3: イギリスライフの記事一覧

イギリスライフ
観光、ビジネス、留学など世界中から多くの方がイギリスに訪れます。実際にイギリスの現地で生活をする場合の現地情報を詳しく紹介しております。