【ドイツの豊かな生活】年収480万円でもドイツ人が幸せな理由

サブスクおすすめ
\プライム会員なら追加料金なし!/
ドイツのローテンブルク・オプ・デア・タウバーの生活

写真: ドイツ・ローテンブルクの生活, 出典: 当サイト撮影

スポンサーリンク

年収は低いけど豊かな暮らしをしているドイツ人の生き方

こんにちは!Aoneko( @blue_cats03)です。今回はドイツ人の豊かな生活について解説します。

 

 

ドイツ人の友達は「質素な暮らしの中にある幸せな生き方」を教えてくれた

筆者は昔ドイツにいたことがあり、今でも連絡を取り合うドイツ人の友達が何人かいます。彼らの生活はとても質素ですが、彼らから学ぶことは沢山ありました。

 

 

「消費=娯楽」という概念をぶち壊してくれたドイツの友人

ドイツ社会ではお金を使わない娯楽が中心です。

彼らは週末に友人とブランチをしたり、ビールやコーヒーを飲みながらダラダラと世間話をするのが好きで、お腹がいっぱいになった後は、近くの公園でのんびり過ごします。

夕方までゆっくり公園ですごし、夜になったらビールを片手にまた公園の片隅で飲みながら語り合います。これが標準的なドイツ人の余暇の過ごし方です。

 

あおねこ
あおねこ

休日に使うお金はコーヒーやビール代くらいです。

 

ドイツの友人とビールを楽しむ(写真はミュンヘン)

写真: ドイツの友人とビールを楽しむ(写真はミュンヘン), 出典: 当サイト撮影

 

私たち日本人のように、休みの日にはショッピングへ行ったり映画館へ行ったり、「何か」をしていないと気が済まないという人は少ないです。

 

あおねこ
あおねこ

何もしないことの大切さをドイツの友人から教わりました。

 

ドイツ社会ではお金を使わない娯楽が中心です。生活の中で「消費」が占める比重が日本に比べるとはるかに低いといえます。

ドイツ人の持ち物は少なく、ドイツ人の家に招待されると日本人の家のように物が溢れておらず、整然としていることが多いです。

 

ドイツ連邦統計局のデータからドイツ人の平均年収を調べてみた!平均年収は480万円

ドイツ連邦統計局(destatis)のExcelデータ(Wages and salaries per employee, 2020)からドイツ人の平均年収を算出してみました。

公式サイト: ドイツ連邦統計局(英語)

Startseite
Internetangebot des Statistischen Bundesamtes mit aktuellen Informationen, Publikationen, Zahlen und Fakten der amtlichen Statistik
【参考資料】National Accounts, Domestic Product Quarterly results, Wages and salaries per employee(2020)

ドイツ人の平均月給、平均年収、日本円換算

  1. ドイツ人の平均月給: 3,080 €
  2. ドイツ人の平均年収: 3,080 €× 12か月= 36,960 €
  3. 日本円換算: 36,960 €× 130円(2021/04/12の為替レート)= 4,804,800円

ドイツ人の平均月給から年収を算出し、日本円に換算してみました。その結果、ドイツ人の平均年収は約480万円だということがわかりました。

 

ドイツ人が質素な生活をするのは可処分所得が低いから?

大半のドイツ人の生活が質素である理由の一つは、彼らの可処分所得が比較的低いことも影響していると筆者は考えております。

ドイツ企業で働く労働者は、健康保険、年金保険、失業保険、介護保険に加入しなくてはなりません。給料から様々な税金や社会保険料を差し引くと、手元に残るのは、約半分程度になってしまいます。

ドイツは、社会福祉制度が手厚い分、公的年金保険や健康保険の保険料率が高いといえます。

 

ドイツ関連の記事

本サイトでは、ドイツに関しての情報を発信しています。ご興味のある方は、関連記事も併せてお読みください。

 

ベルリンは近年スタートアップの集積地として伸長しています。ベルリンが世界屈指のスタートアップのハブになった理由を解説した記事です。

関連記事: ドイツ・ベルリンがスタートアップの集積地になった理由

ドイツ・ベルリンがスタートアップの集積地になった理由
独ベルリンがスタートアップの集積地になったワケを解説。1)SamwerがeBayのドイツ版を作りベンチャービジネスを加速、2)ベルリンはブロックチェーンに長けた人材が多い、3)ソフトバンク・ビジョン・ファンドも投資、4)国を挙げた支援。

 

 

ベルリンは東ヨーロッパの玄関口であり、ポーランドやハンガリーなど東欧諸国から働き口を求めて人が集まってきており、ロシアと結びつきが強かった東ヨーロッパは科学技術、特にブロックチェーンに長けた人材が多く、かつ安い労働力で雇うことができるため、ベルリンには関連スタートアップが集積し、「ドイツのスタートアップエコシステムといえばベルリン」といわれるまでに成長しました。

関連記事: ドイツ・ベルリンはブロックチェーン技術の集積地である

ドイツ・ベルリンはブロックチェーン技術の集積地である
独ベルリンは、Ocean Protocol、Ethereum(イーサリアム)、IOTAを含め、約100ものブロックチェーンや暗号資産に関するプロジェクトが進行中です。ドイツ政府のブロックチェーン国家戦略など、独政府の取り組みにも注目です。

 

ブロックチェーンのスタートアップが多いベルリン

図: ベルリンはブロックチェーンのスタートアップが多い, 出典: statista.com